人生リセット読本

人生リセット読本

タロットと占星術であなたの人生をリセット!

「借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」レビュー記事♪

おはようございます!かなです!今朝はすっごい印象的な夢を見ました!

夢の中ですっごいキラキラ光を反射して糸が何重にも撚られて、とても丈夫そうな、大きな蜘蛛の巣があったんです(多分自分の部屋の中)

その上に丸々と太った大きな蜘蛛が4匹いて。そのうちの1匹がもう1匹をむしゃむしゃ食べ始めるという。。。(笑)

それいい夢なの?。。。。。

あ、トートさん!おはようございます〜うん、気になってネットで調べたら「蜘蛛の巣」っていい意味と悪い意味両方あった!

でも「蜘蛛の巣」を見た時「きれいだなあ」って思ったのと、蜘蛛の共食い見てもびっくりはしたけど嫌な気分ではなかったので。。。

「蜘蛛の巣は新しいチャレンジの象徴。新しいことを学び、そこから仕事運がよくなり、金運もアップ!ちなみに黄色い蜘蛛は金運を意味する」説を勝手に採用しましたw

とことん、自分に都合が良く解釈してるな?(笑)悪い意味は思い当たらなかったの?

「部屋に蜘蛛の巣」「複数の蜘蛛」はプレッシャーを感じていて、何かに侵食されているってことらしく。。。無理はせず、いらないものは内部から出していくことって。

思い当たることがあるんだね?

ありますよ!「占いで独立開業する!」って決めて活動始めたのに、本業の仕事は2人も人いなくなって、まだ新しい人来てないし業務量アップっす!w

それでも、この夢は「良い夢」だと解釈するマインドになれているわけね?

ちょっと不安あっても「いや、大丈夫だ、うまくいく兆しだ」ってすぐ思えたは、今日紹介する本を読んだせいもあったかも。。。

おっ!なんかうまくまとめたって言うか、わざとらしい導入部だなw

トートさん。。。なんか「ドSの宇宙さん」みたいなツッコミになってる。。。

第一部:世にも不思議な宇宙のオキテ

この本は「コイケ」さんという、7年間がんばって貯金して、夢だったアパレルショップをオープンしたのに、うまくいかず借金2000万まで膨れ上がった人のお話。

ある日「もう死ぬしかない」って思い詰めていた「コイケ」さんのもとに「宇宙さん」というキャラクターが現れて不思議な知恵を教えてくれるようになった。。。

って設定なんだけど。。。

この時点で「カナダの看護大学卒業して、キャリアも運命の恋人も、家族も友人も、豊かさもすべてゲット!」って思ってたのに、真逆に転落した自分に重なるw

私にとっての「ドSの宇宙さん」は「トートさん」と私が友達のように呼んでいた「タロットカード」達ってことみたい。(ドSなんだよねえ。。。)

「無理。できない」「やっぱりダメかも」すべて宇宙へのオーダーだ!

借金まみれで、惨めったらしい「コイケ」さんに「ドSの宇宙さん」はいきなり言い放つ。

「お前の(宇宙への)オーダーはすべて叶っている」

借金2000万の状態が「理想の、望んだ通りのお前」と言われてショックを受ける「コイケ」さん

「宇宙さん」に「お前いつも、売れないな、売れないな、今日も売れないな」って言ってたじゃん!と「毎日宇宙に”オーダー”していた」ことを指摘されるんですね。

焦った「コイケ」さんは「でも、”なんとかしてください!”って願ってた!いつもそう言ってたのに、かなえてくれてないじゃないですか!」と食らいつく。

すると「宇宙さん」は。。。

「お前、ラーメン屋に行って”なんかください”って注文しないだろ、バカ!」

つまりこの「叶った願い」と「叶わなかった願い」の差は、

「どれだけ具体的にはっきり、しつこく何回も心に描いたかどうか」だったわけです。

この後「宇宙さん」は「宇宙がキャッチしやすいオーダー方法」を教えてくれるんですが。。それはこの三つ

  • 「結果を決めて宇宙にオーダーすること」
  • 「ヒントは最初の0.5秒で掴んで必ず実行すること」
  • 「口ぐせを、うまくいく口ぐせにする事」

普段から「つい言葉になること」つまり「口ぐせ」ってのは、自分が心底信じている「人生の大前提」つまり「本人の”真実”」な訳ですね。。。(汗)

人は毎日の「口ぐせ」を”潜在意識を通じて宇宙に届けている”

「願いがかなうしくみ」は簡単に言うと、自分が口からだしたものが、宇宙で増幅されて、そのまま返ってきてるだけ、なんだそうです。

「自虐口ぐせ」は恐ろしい。。。

つまり「コイケ」さんの

「売れない」

「できない」

「返せない」

と言う「自虐口ぐせ」は借金が2000万になるまで、宇宙にオーダーされ続け、増幅し、そのまま現実になった。。。(ぎゃー!!!!怖い)

「懇願口ぐせ」も怖い。。。

「コイケ」さんは宇宙に「なんとかしてください」って懇願してたんだけど、これは「なんとかしてください」エネルギーを増幅するので結果。。。

「なんとかしてくれ!!」っていう状況が押し寄せる。。。らしいです。

これは上の「自虐口ぐせ」で心当たりある以上に自分もわかります。。。

この春、本当にやばいことになってて「もう万策尽きた!なんとかしてくれー!」ってなってたからw

「夢見心地口ぐせ」もNGだってさ。。

「世界一周したい」

「年収2000万になりたい!」

みたいな「〇〇したい!」と言うオーダーは「いつかはしたいな」エネルギーが増幅すすので結果、永久に「世界一周に焦がれる」現実を生み出すらしいです。

これって、普通の人はほぼこの状態ですねw

わかりやすい例えが「喫茶店でコーヒーをオーダーするのと同じ」

つまり「コーヒーください」ってオーダーしたら、

「いやでも、コーヒーの代わりに紅茶出てくるかも」

「もしかしたら、コーヒー出てこないんじゃないかな」

なーんて心配する人いないもんねw

なので三つの口ぐせをやめて「完了口ぐせ」にするんだそうです。

「世界一周をしました」

「年収2000万になりました」

しかし、これは凡人にはなかなかキツイなw

現実見ちゃいますしねええ?

ってことで、次の教えにいきましょう!

宇宙からのヒントは最初の0.5秒に込められている

「10年で借金を完済して、幸せになった!」と「期限を決め」「完了形」で宇宙にオーダーをした「コイケ」さんですが、次の日も当然特に変わらない日々です(笑)

「人生なんて、映画と全く同じ」

ある日「コイケ」さんが「人生大逆転する実業家の映画」を見ていたところ、「宇宙さん」に上のようなことを言われてびっくりします。

映画の中でその実業家は。。

  1. 「学もないのに医療機器を売っていたらうまくいかなくて借金苦」
  2. 「赤いフェラーリに乗っている人に”どうやったらあなたみたいになれるか”と聞いた」
  3. 「その人が証券マンだったので自分もなると決めた」
  4. 「証券会社のインターンに応募してホームレスになってもめげずにやり通した」

「宇宙さん」は「コイケ」さんに、じゃあお前はどうなの?って聞くわけです。

「コイケ」さんも、この時点では3番まで行ってるんですよね。

でも「宇宙さん」に「映画の男はきっとすごい人だった」と言ったり、「人生は映画とは違う」と文句を言うんです。

すると「宇宙さん」が「宇宙と地球の物語」を教えてくれます。

「地球」は「宇宙」の中でもすごく特殊なんだとか。

「宇宙」では「ハワイに行きたい」と思い浮かべた瞬間「ハワイのハの字」くらいで「ハワイにいる」状況になってる「世界」なんだそうで。

それがなんで「地球」は何もかもが簡単にうまくいかないのか。。。というと、閃いた瞬間になんでも形になっている場所は「退屈」だからだそう(笑)

宇宙に飽きた人たちが「スリルを味わいたい」「行動したい」「達成感を味わいたい」と言い出したので宇宙はわざわざ地球を作ったのだと!

人生という映画のジャンルとエンディングを決める

つまり「わざわざ行動して、回り道して、ドラマティックな物語を楽しむ」って自分の人生を”映画やゲーム”っぽく遊ぶために地球に来た」ってこと。

まじか!(汗)

そういえば、私昔から「漫画とか映画みたいなドラマティックな人生がいいなー」って思ってたよ。。。(ショック)

完全に思い描いていた「世界観」が「ドラクエ」の世界だったよ。。。(爆笑)

それでいうと確かに太平洋横断を2回して「研究員」から「看護師」に転職して、今度「占い師」に変わろうってんだから「ドラクエ」っぽいかも。。

「宇宙さん」がいうのは「自分が主役の映画のキャッチコピーを決めて、エンディングに向けてその役を全力で演じろ」だそうです。

「コイケ」さんも「自分のストーリー」を書き出してみて、客観的に見つめた結果、今のショップをなんとかするしかない、と工夫をし始めます。

「奇跡」が降ってくるのを「お願いベース」で待っているだけだった自分を悔い改め、「現実的に行動」を起こし少しずつ変えることだけに集中しました。

するとある時「つけていたパワーストーンブレス」が自分に合っているかどうかを「オーリングテスト」で確かめる、というアイディアが閃きます。

それを「即座に行動」して試してみたことから、現在の「コイケ」さんの成功につながっている。。。

うーん。。。これって自分も

「ある日ふとひらめいた占い師に会いにいった」(ひらめき0.5秒)

「占い師になりたいと口にしたら無料占いをやるよう言われてやってみた」

「ある日書店で”占い師さんですが?”と知らない女性に声をかけられた」

「プロになっていいってサインじゃない?と占い館に応募して合格」(ひらめき0.5秒)

「一年続けたけどやめて看護師に戻った」(おっと。。。。)

ここに書いてないものも含め「ひらめき0.5秒」と「行動」は何回もあったんですよねw

私の問題は「継続」だった!ってことですね(爆笑)

宇宙が起こす奇跡に”定員”はない

「コイケ」さんは、見事に私たちと同じ「普通の人」なのでテレビを見ながら「日本で年収1億円の人の割合、0.027%かあ」と呟きます。

「自分はそんなに運が良くないしなー」と思うわけです。

それを「宇宙さん」は「お前が当たるためなら定員1で十分じゃないか」と笑います。

宇宙にオーダーをきちんと通せば「それぞれが、それぞれの宇宙を自由に作っている以上オーダーにキャパシティはない!」らしいです。

まあこの辺はわたしも「そうかなあ」って気分なので「そういうこと」にしておくことにします(笑)

勉強とかもそうだけど、今はわからなくても、ある時「ほんまや、わかったわ!」って腑に落ちるので、この教えは「そのうち分かるフォルダー」に入れます。

人生を好転させる秘技「潜在意識と相思相愛になる法」

「宇宙に定員がない以上、誰にでも奇跡は起きる」

とはいえ「なんとか早く借金を返す”ヒント”ないかなあ」と思っていたときに「ありがとうを5万回いえば、人生が変わる」という本を見つけたそうです。

「コイケ」さんも半年前に、この本を読んだ時は「いや、ありがとう5万回で人生変わるなら苦労しないよ」と放り出していたみたいです。

でも、再びその本を見つけた「コイケ」さんは、朝も夜も暇さえあれば「ありがとう」を言い続けたそうで。

5万回ほど唱えたところで「宇宙とつながっている」感覚があったそうで、そこから洋服やブレスレットが、それまでより売れるようになったとか。

「ありがとう」5万回いうとなると、毎日1000回言っても50日かかるんで、最近は訪問中に自転車を漕ぎながら「ありがとう!」って言ってますw

「ありがとう」という意味ってなんだろうなーって思うんですが、人ってぼーっとしてる時も色々考えてて

「あー今日も疲れたなー」

「さっきあんなこと言わなきゃ良かったなー」

「私いつまでこの仕事してるのかなー」

って「無意識」に「無意味」な思考が頭をグルグルしてるんですよね。

「ありがとう」を一日500回いう!って決めたら、その時間は少なくとも「くだらないネガティブなこと」言わない時間になるしね!

宇宙とつながる自分の意識に「ネガティブ思考」を垂れ流さないために「ありがとう」という「宇宙のパイプクリーナー」を流し続けろ!ってことですね。(笑)

どうもネガティブなドロドロヘドロを流し続けていると、宇宙へのオーダー力も下がってしまって時間がかかるし、数もたくさん届かないらしいです。

「宇宙からのヒント」を受け取るのも難しくなるから、ますますオーダーが通りにくくなる。。そうするとまた「疑いのネガティブループ」になるわけだ!

うーむ、恐るべし「負の連鎖」ですね!

ちなみに「ありがとう」に加えて「愛してる」を加えて呟くようになったところで、「コイケ」さんは「もう1人の僕が僕を信じてくれる夢を見た」んだとか。

それは「宇宙さん」曰く「ちっぽけな”自分”(顕在意識)が大いなる”自分”(潜在意識)と仲直りして会話していた姿」なんだそうです。

起きている時は「顕在意識」が思考を支配していて「潜在意識」と自由に会話できないから「夢」で話をしてたんだとか。

今まで「自分を否定するようなカスのような言葉」ばかり使ってきた「コイケ」さんは「潜在意識」をウツにしてしまっていた。

「ありがとう」で宇宙パイプをクリーニングして、

「愛してる」で潜在意識と顕在意識が「相思相愛」になって、ようやくパワー全開で出せるんだとか。

仕事しながら、ブログ書きながら「ありがとう・愛してる」をいうのは難しいけど、ぼーっとしてる時とか、料理したり、掃除したり、自転車乗っている時はできそう!?

願いをかなえられるのは「タイムラグ」を超えられたヤツだけ!

ここまでは自分にも少し理解できます。

どん底の自分を支えてくれた自分に感謝はしてるし、まじで愛してる!と思います(もっと口にした方がいいですねw)

しかし。。。「コイケ」さんも、小さな奇跡は数え切れないほど起きて、宇宙の仕組みを理解し始めたものの、2000万の借金はそう簡単に消えないのも現実。

それを「宇宙さん」はこう言います。

「今まで5万回くらい”人生終わった”俺はダメだ”ってカツ丼をオーダーしてたよね」

「いきなり、「”借金完済しました”冷やし中華」をオーダーしても先に頼んだカツ丼は消えてくれないわけよ。カツ丼食い切ってから「冷やし中華」だよw」

とせせら笑ったそうで。

普通の人は、なかなか出てこない「冷やし中華」を諦めて、また「カツ丼」をオーダーし始めちゃうから、さらに「冷やし中華」が出てくるのが遅くなる。。。

つまりオーダーした「冷やし中華」を楽しみに思い描きながら、目の前の飽き飽きした「カツ丼」を嬉々として平らげろ!ってことらしいです。

「タイムラグ」を消化できた人が、やっと「冷やし中華(理想)」を食べられると。

オーダー後に起きるすべては緻密に計算された”宇宙の采配”

ま、そう言っても普通の人は

「今年年収1000万って願ったけど、全く収入ないよ」とか

「理想の彼氏はまだ現れていません」

って思うわけで。。。

しかし!「通販で何かをオーダー」したら、この日本においては絶対に「オーダーした日にオーダーしたもの」が届くって、誰でも「信じて」ますよね。

「宇宙通販」も同じだとか。

例えば「昔の友人に偶然出会った」とか「上司に褒められた」とかラッキーなことだけでなく、

「会社をクビになった」とか「彼氏に振られた」って一見不幸なことも

「今の会社では年収1000万にはならないから」

「今の彼氏は理想の幸せが手に入らないから」

宇宙の采配で「自動に起きている」こと。

「どうやって目標に到達するのか」は宇宙が考えることで、人間が考えることではない!

人は「宇宙の演出を受け入れて、素直に行動し、言葉の力を最大に活かして宇宙のオーダーを最大限に活かしてオーダーの力を強めることが役割。

つまり一度オーダーを通したら、とにかく起きること全て「やった!これで願いが叶ったぞ!」とつぶやいて、宇宙への信頼を示すことが大事なのだとか。

宇宙はどうも人間以上に「愛と信頼を寄せてくれている人」の願いを叶えたがっているらしい。。。です!

心配するな、宇宙の三つのオキテですべてはかなう

  • 「結果を決めてオーダーする」
  • 「宇宙さんからのヒントに従う」
  • 「宇宙さんから教えてもらった口ぐせをつぶやく」

とりあえず、この三つのオキテですべてはかなう、というシンプルなのが「宇宙のオキテ」らしいのですが。。。

「コイケ」さんも「借金完済して幸せになった!」とオーダーし「パワーブレスの販売というヒント」に従い「ありがとう・愛してる・叶った!」とつぶやき。。

そうしているうちに、実はあんまり心から好きではなかった「アパレル販売」をやめ。。お金を稼ぐためにやっていた早朝パートもやめ。。。

でもそれと反比例して「ブレスレットの注文」は増えていき、それだけでも売り上げを上げられるようになった頃。。。

「アパレルやめちゃうんだ」と周りの人に言われることがあったとか。

これは「ドリームキラー」と言われる「自分自身のお試し」なんだと。

人間は本質的には変化を嫌う生き物なので「不幸な人」は不幸でいることでずーっと安心していて「幸せな人」はずっと幸せが安心ということです。

なのでちょっとラッキーなことが続くと「そんなうまくいくはずないよ」という前提が「揚げ足をとる周りの人」という形で現れる、それが「ドリームキラー」

実は私も占い館で働いていた頃、ネット通販詐欺にあい、その際に警察に届け出をしたときに「看護師です」って言ってしまったことがあり。。。

それは別件で警察に行った際に「占い師」って言ったら「え?占い師ですかあ?」と小馬鹿にされた(気がした)から。。。

それ以外にも「占いなんて馬鹿馬鹿しい」という人に出会ったり、それ以上のすごい「お試し」もありました。

あの頃の私は「占い」というものにすがりつこうとしていたわりに、内心疑っていたから。

その自分の「疑い」が出合う人の言葉で自分に刺さってきてましたね。

第二部:宇宙はとことんドラマティックがお好き

元々「かっこいいと思われたい」から「アパレルショップ」を始めた「コイケ」さんは「夢みがち口ぐせ」である「かっこいいと思われたい」が、

ずっと「かっこよくなりたい」状態のまま、借金2000万というかっこ悪い状態になっていたわけですが。。。

それが「宇宙の仕組み」を知り、幸せになったことで「自分が幸せになった、この秘密をみんなに教える」という思いになったわけですね。

その後「白猫を抱いたマダム」という不思議な出来事があって「コイケ」さんのお店はテレビで紹介されるというドラマティックなお話が紹介されているのですが。。。

私にとっては「書店の前で声をかけてきた女性」がこの奇跡だったんだろーなーと今更ですが、思います。

宇宙は必ず「先払いの法則」で回っている

ちなみに「コイケ」さんは「パワーブレスレット」というスピリチュアルな商品を扱っていると、特に男性たちは「非科学的」すぎて疑いがち。。と思うわけです。

それで「コーチング」や「心理学講座」の受講を決めるのですが、そのお金が手元にないことに悩んでいたそうです。

しかし「宇宙さん」は”「お金は出ていくもの」「お金は辛い思いをさせるもの」という思いだったよな?それは違う!”というわけです。

お金は「愛と感謝のエネルギー」なので支払うときは心から感謝して、いただくときも心から感謝して受け取らないといけないんだ、と諭すんです。

心理学を学び始めた「コイケ」さんは「心の治療」に共通することに気が付きます。

潜在意識の中に刷り込まれてしまった思い込み(前提)を取り去り、新たな前提を自分で決めるというもの

「世界は不幸で満ちている」と思っている人は出会う人がとても自分に対して厳しかったり、否定的だったりするわけです。

「宇宙っていうのは、ひとりの人間に一つ存在する」

つまり私たち一人一人の「宇宙」で起きること、見えるもの、全てが自分自身であり、自分がいる環境、自分が使っているもの、も「自分自身」

だから「自分」も「周りの人」も自分自身であると考え、丁寧に扱い、幸せになることを望み、自分の宇宙全体が幸せになれるようにオーダーすること。

そうすると、幸せな人にばかり出会うようになって、住んでいる部屋も、きている服も、心地の良いものに変わっていく。。。

のだそうです!

「最高の開運はそうじ」ってどっかで聞いたことあったもんなー「自分の環境も自分と思って丁寧に扱う」って大事ってことですね!

期限が過ぎたら利子がつく宇宙へのオーダーのしくみ

ドMな人間がよくやりがちなのが、やりたいことや欲しいものがあっても、

「〇〇だから無理〜」

「〇〇苦手〜」

と言って、行動しない言い訳をすることらしいです。

うん。。。私も「対面で話すのはいいけど、ブログ書くの苦手」って言ってたw

ずるい人間は「いや、本気出したらできるんだけどねー」と言い訳をして、希望を残そうとするそうな〜。

「地球は行動の星」なので動かないことには始まらない!

でも動いたら、願いを叶えるために必要な能力は湧いてくる!

必要な能力やお金は宇宙から湧いてくる(時には必要な人として現れる)

必要な時までにきっかり揃う

のが「宇宙ルール」なので、もし期限通りに決めたオーダーが叶わなかった時「利子」がつくのだそう。

ただ期限通りにオーダーが通らなかったことで「やっぱり叶わなかった!」と呟くと、叶わない現実がまた再現されるという。。。

こわいこわいこわいー(ぎゃー)

しかし期限が過ぎたときに「やった!!利子がついたぞー!」と喜べばいいんだそうです!

「もっとすごいことになるな!宇宙ありがとう!!」と叫べと。

なんかすごいオーダーをする時って、ほんとにいいのかなあーって思いがちですが、これでいいならちょっと安心してオーダーできる!(小心者w)

婚活がしたいなら、宇宙仲人ネットワークに聞け!

ちなみに「宇宙人仲人ネットワーク」には私もオーダーを通したことがあります。。。願った瞬間くらいに「まさにそういう人」が現れたのでビビりました。

でも。。。お願いの仕方が「どうせ私にはこのくらいの人」的な後ろ向きなオーダーだったので、オーダー返品になって今に至るのですが!(苦笑)

「宇宙仲人ネットワーク」は本当に強力なので、ちゃんとお願いした方が良いです!

「仲人」だけに、もう丸投げで「私を幸せにしてくれる理想のパートナーヨロシコ!」とオーダーしたら、多分ピッタリの人探し出して、会わせてくれるとおもう!

こっちにできることといえば「理想のパートナー」といつでも出会えるように、自分と部屋を磨いておくことかな?

宇宙とつながる「神社へのお参りのしかた」がある

ちなみに「神社」詣でですが、以前の私は「君の名は」で有名になった神社で早朝に体操するとかやってました。。。もちろんお参りもしてたし。。

そういえばとんとん拍子に「占い師デビュー」した頃の私でしたね!(笑)

「コイケ」さんは「早く借金返せますように!」と神社でお願いをして「宇宙さん」に怒られてました。

「神社」ってお願いするところだと私も思ってたのですが。。

実は「宇宙」は壮大なエネルギーそのもので、エネルギーは「愛と信頼」でできているんだとか。

人間も、お金も、宇宙も「エネルギー」でできているものは、存在を信じてもらい、認められ、愛されていると感じた時、最大限の力を発揮するのだそう。

なので「神社」に行ったら「おねだり」せず!

住所(もいるのか。。)と名前(名乗るのか。。。)を言って、自分の存在を明らかにしてから、宇宙への愛と信頼を伝え、感謝の念を送ること!以上!だそうです。

不幸増産体制の「ドM生産ライン」を断ち切る方法

「地球」にきたばかりの子供はピッカピカの「宇宙パイプ」を持っているので、どんな願いも叶うと心から信じているので、願いはすぐ叶っちゃうんだそうです。

サンタさんも、疑いなく信じてますしね〜!

でも子供はとても敏感なので、身近な存在、特に「母親」の願いを感じ取って、それを叶えようと頑張りだしてしまうのだそうです。

母親が笑顔でいられないのは自分のせいだと思い込み、母親を喜ばせられない自分はダメなんだと責め、愛されるわけがないと勘違いしだす。

でも「誰かが不幸」なのは「不幸オーダー」をした結果なので本人の選択。

それは親でもなんでも変わらない。

人の宇宙までなんとかしようという方が、おこがましい、ということらしいです。

相手に対して「自分の宇宙を幸せにする力がある」と信じることこそ、本物の愛。

「自分の宇宙」に対してだけは、自分に責任があるからこそ、本気で「宇宙パイプ」の掃除をして復活させるしかない!!

さあ「〇〇な人しか幸せになれない」時代がやってきた!

なんでも頭に浮かんだ瞬間にその状態に「なっている」宇宙に飽きて、泥臭く、動き回って「夢を実現」する行動の星、地球に来たのを忘れ。。。

せっかく、ワクワクドキドキのために恐怖や悲しみを用意されているのを忘れて、それに足を引っ張られてビビって動きが取れなくなる人が続出中。。。

本来なら「愛」っていうエネルギーの源である「家庭・家族」が元凶になって、いろんな前提を植え付ける「ドM生産ライン」になっているそうで。

ってことは誰かがこの不幸の連鎖?を断ち切ることを始めないといけないわけです。

いつまでも「不幸の連鎖」で絡まっていたい人はそのままで「あれ?縛られてたと思ったけど、鎖なんてないじゃん?」って気が付いた人はサクサク幸せになると。

エピローグ 未来は決まっていた

借金まみれで「死ぬしかない」と思っていた「コイケ」さんにある日聞こえてきた声があったそうです。

「やめないで!やめないで!」

その声を「コイケ」さんは「宇宙さん」が声をかけてくれた、と思っていたそうですが。。。それは「宇宙さん」曰く、

「未来のお前の声だよ」と。

「宇宙には時間の概念なんてないので、強いていうなら”未来から過去へ流れている”」んだそうです。

つまり「未来で借金を完済し、幸せな結婚をし、宇宙の仕組みを伝えながら感謝されてお金をいただいている生活」をしている自分が、過去の自分に話しかけていた、と。

なるほど。。。それで思い出したのは。。。

「カナディアンのクラスメイトですら熾烈な授業とストレスで脱落していく中、看護大学を(割と成績優秀で)卒業した」頃の自分

大失恋でボロボロになり、まともに働けなくなってた時も、看護師の資格があったからアルバイトで食いつなげていた。

そのことを10年前の自分に「ありがとう!!」と何度伝えたことか。。。(笑)

きっと「看護学生時代」の私はその時空間を超えた自分からの応援を受け取っていたのかも??

という理屈なら、今回ボロカスになったことも、それでもなんか生き延びたのも「未来の自分」が今の自分にメッセージ送ってるってことか?

「コイケ」さんも「宇宙さん」に出会って、借金を返すまでに9年かかってますが、それでも、その間ずっと楽しかったみたいです。

借金があるまま「結婚して子供を授かり」つまり「カツ丼を食べつつ冷やし中華も食べてる」状態でした。

わたしの場合「生涯のパートナーとの出会い」が何回も期限ぎれしてるので(爆)相当利子が溜まっているんでしょうねえ!

「コイケ」さんは「借金を返済したオーダー」の方が先にオーダーされているのに、後からオーダーした「生涯のパートナー」のオーダーが先に実現していますね。

私は先オーダーした「生涯のパートナー」はまだ気配感じないけどw「コイケ」さんを見習って、後オーダーの「占い師で独立開業する」方に注力することにします!

宇宙さん!