人生リセット読本

人生リセット読本

タロットと占星術であなたの人生をリセット!

魚座新月2022年3月3日のホロスコープ「愛と力の均衡が新しい世界と価値観を再生する」

こんにちわ青猫です!

なんとなんと山羊座冥王星と火星がコンジャンクションに金星まで。。

今回は「魚座新月」なのに、山羊座で起きてる「トリプルコンジャンクション」から目が離せない。。。

山羊座」で「冥王星✖️火星」が重なるのはこの3月3日が最後なのですが、その山羊座から脱却する後半度数で、世界に激震をもたらしたウクライナ侵攻の真っ只中!

f:id:kana-tarot:20220303215045p:plain

魚座新月

 

2ハウスの新月

魚座13度で起きる「魚座新月」は2ハウス「自分の価値:自分の肉体:自分の所有物:稼ぎ方」ここに「木星」がコンジャンクション

おまけに今は魚座海王星もあり「愛と受容、癒し」の「魚座パワー」がMAXです。

そういった「癒しや許し」すべての境界線を溶かし「全ては一つ」にしちゃう感じが強いわけで。。。

2ハウスに優しい天体がこれほどあると「これが私の価値!」と思ってたことがぼんやりとし、気がついたらいつの間にか価値観が変わっていそうな感じです。

山羊座のトリプルコンジャンクション

今回「金星✖️火星✖️冥王星」が重なるのは「1ハウス」「自分そのもの:魂の衝動」みたいなエリアです。

金星と火星ってそもそも、男と女みたいに正反対のエネルギーですし、そもそもバランスを取ったり融合するのがむずかしいものです。

例えば金星を「人気やお金」火星を「暴力」としてみると、金に狂ったどこぞの独裁者は暴力と軍事力を暴走させて、核(冥王星)までチラつかせてますよね。

その結果、世界中から「嫌われ」てしまった。。。。

金星の「愛され力」を失ってしまいましたね。

かつての大国としての力を失い、虚しさから、もっともっと「愛をくれ」とばかりに力でねじ伏せようとして、かの人は狂ってしまったんでしょうね。

本来は「愛(金星)のために行動(火星)する」「積極的(火星)に愛する(金星)」と言うふうに「愛と力を良いバランスで均衡」させるべき。

恋愛でも「愛してくれ愛してくれ!」とまとわりついたら、それは「愛じゃなく執着」つまりはストーカー(冥王星)ってことですし(汗)

ぜひ、金星✖️火星の良い使い方をしたいものです。

そうすれば「冥王星」のスーパーパワーが後押ししてくれるはず。

まあ、月並みですけど「欲しいもの(金星)」のためにはコツコツ山羊座的に粘り強く長期的視点で行動(火星)する。

今は牡牛座天王星に、牡牛座のドラゴンヘッドと「牡牛座」が強いですから、情報や他人の価値観に振り回されず、自分の肌感覚を大切に選ぶのがポイントです。

「本当の自分」が心からほしい!って思わないと真剣になれないですしね!

古い価値観から新しい世界へ

今どき「帝国主義侵略戦争」なんて、時代錯誤だ!と世界が驚いた反面、きっと表面化しないだけで「古い価値観」は残ってるんだと思います。

そう言う根強い「古い体制」やそれに伴う思いや感情も、魚座のパワーが溶かして癒していく。。。そんな始まりを感じる新月です。

個人としても過去のしがらみや、こだわり、トラウマなんかがぼんやりとして、輪郭が曖昧になっていく感覚があります。

過去に囚われていたら、自由になれない。

いつの間にか背負い込んだ「自分」と言う価値観も再生していくタイミングです。

2ハウスの魚座新月だから、はっきりとくっきりと計画立てなくても、豊かなイメージで「新しい自分にふさわしいもの」を描けばいいと思います。

1ハウスの山羊座コンジャンクション新月ではなく、魚座海王星が頂点で「小三角」なのもポイントかも。。。

4月12日に魚座の24度で実はコンジャンクションになる「木星✖️海王星

今はぼんやりしていても、この頃には今描いた夢がはっきりしてくるかもしれません。

 

 

 

 

水瓶座新月2022年2月1日のホロスコープから獅子座満月の流れ「世界平和より自分の平安を守れ」

こんばんわ!青猫です〜!

明日は「水瓶座新月」です!

8ハウス、水瓶座13度の新月サビアンシンボルは「バロメーター」つまり気圧計ってやつです。

8ハウスなので、深く強く結びついていく感じです。

f:id:kana-tarot:20220201000903p:plain

水瓶座新月

ずっと情報を継続的に観察し、思考を続けたた結果、自分の中に「基準」ができて、それによって周りの変化を感じ取れるようになります。

まさに「気圧計=空気を読む」人でしょうか?

このコロナ禍の2年間、シャレじゃなく、コロコロと変わる情勢に振り回されてきた私たち。

最初は強制ではないものの、未知の存在に対する恐怖で無言の圧を感じてまさに「空気読め!」って言われて育ってきた日本人たるもの周りの感じに合わせてじっとおとなしくしてましたが。。。

最近みんな変わってきてる感じがします。

先週金曜日に「三回目のファイザーワクチン接種」済ませたわたしですが、二回目に39度の熱出した割に三回目は腕痛いのと出かける気分じゃない程度の倦怠感(家事はした)だけで済んで拍子抜けしましたよ。

日曜日は元気いっぱいだったので冬モノの服を買いに街に繰り出しましたが、やや人流減ったかな?程度で普通に街に人いましたしね。

わたしの体もコロナワクチンに慣れたくらい、世の中の人もコロナの大流行に慣れた気がしますねw

二回ワクチン打った人が8割になり、今まででコロナにかかった人も含めると、日本国民ほとんどがなんらかの「コロナ」に接した今、変異株が出てきてももう「新型コロナ」って呼ぶには時間経っちゃったし。

世界的パンデミックのせいでヨーロッパ、アメリカなど先にオミクロンが流行った地域のいまもニュースで常にわかっちゃうと、あと数週間で落ち着くしな〜って先が読めちゃう。

水瓶座」って「世界平和」とか「人類平等」とかを理想的に考えるようなサインですし、パンデミックという人類共通の問題を考えるって水瓶座的。

しかし、その水瓶座新月と「スクエア」の「牡牛座天王星」は11度にあり「花に水をやる女」つまり「自分の欲求や感覚を育てる」ということ。

壮大な問題に振り回されて頭ガッチガチになった反面「ステイホーム」で自分や自分の親しい関係だけでこもって身近な楽しみを見出していました。

でも「パンデミック」と戦うって結局自分にとって心地いい環境、状況を作っていくことでストレスを減らし自分の免疫の状態を高めるのが「最強奥義」なので。

「自分の欲求や感覚に素直になる」「感覚を養う趣味に没頭する」ことで先の見えない漠然とした世間の不安に惑わされないと思うんですよね。

「自分がコロナにかからない」=「他者を守る」→「自分も世界も平和」

f:id:kana-tarot:20220201001726p:plain

獅子座満月

2月17日の「獅子座満月」ではそれぞれの28度の度数まで動いています。

水瓶座の28度では「倒されノコギリで切られた木」という、友達やネットワークから離れて孤立するシンボルです。

獅子座の28度は「大きな木の枝に止まるたくさんの小鳥」と自分の目的のためや使命のために獅子座的ではない小さな作業に熱中するという度数。

ある意味次の段階にいくという時期を示すのですが、どっちも「スケールのでっかいことより自分の手に乗る小さい範囲で感覚を頼りに確実にやろう」

という感じもしますよね。

一つ感染拡大が終わったと思ったら、まだ続くの?の繰り返しで、散々振り回されてきたけど、結局は何もかも自分の心の状態や、体調次第。

「世界平和より自分の平安を守れ」

を合言葉に、自分のストレスや自分にとって大切にしたいこと、大事な人たちをまず守ることで一人一人がハッピーに過ごせばきっと良い流れになっていく。

そんな感じのホロスコープ読みでした。

蟹座満月2022年1月18日のホロスコープ「仕事もいいけど遊びもね‼️」

こんにちわ!青猫です〜

前回の山羊座満月から一転して。。。遊びまくってますw

仕事は普通にしているのですが、それ以外はプライベート充実!

ちょうど半年前の「蟹座新月」の時に「占いで独立開業する!!」って決めて、半年後にはその目標を達成しているはずでしたが。。。

全く、進んでおりません!(笑)

でもなぜか清々しい気分。。。

それはこの「蟹座満月」が「5ハウス」にあるからかもしれません。。。

自己表現と、遊びと創造性のハウスである「5ハウス」

 

f:id:kana-tarot:20220117225608p:plain

蟹座満月

基盤の見直し

蟹座にとって「遊び」とはプライベートなもの、仲間や家族と楽しむもの、家や安心できる空間で居心地良く過ごすこと。

もうすぐ2月4日で立春です。

春の始まりで、旧暦だと新しい年の始まり。

蟹座の守護星は「月」

まさしく月のパワー全開の「蟹座満月」は自分が心から楽しい!!!と思える時間、人、空間をエンジョイしたいですね。

自分の基盤をじっくり見直し、落ち着いた心持ちで新年を迎えられると良さそうです!

食べること=生命の基盤

月は生活全般、特に食事やキッチンにも縁が深いです。

いつもより料理に心を込めてみたり、自分が今食べたい!と思うものを食べてみたりするのが大事かもしれません。

あまり頭であれこれ考えずに、身体が求めていることを大事にする。

鍼灸の先生には「考え事ばかりしていると胃が下がるんだよ」と言われたのですが、悩み事やストレスは「胃にくる」んですよね。

中学生にして「胃潰瘍」になり「胃カメラ」を飲んだ私は考えすぎなたちだったのかも知れないですね。

「胃」は蟹座に関連しておりまして、感情を司る「月」に振り回されたために胃がおかしくなったのかもしれません。

クヨクヨ考えてばかりいると、消化機能が低下して体調崩しますしね。

忙しいあまり、慌ただしく早食いしているのもよくないですよね。

ここは身体を労るつもりで、食べることは生きることの本質であることを思い出してみると良いかも知れません。

 

 

山羊座新月2022年1月3日のホロスコープから山羊座満月へ向かう流れ「直感を体験的学びで受け取る」

2022年あけましておめでとうございます!青猫です!

去年の蟹座の新月に「占いの世界観」に復帰し自分を見つめ直すうちに「占いで人助ける元気ないほど心身がボロボロ?!」って気が付いた最近。

「医者ならぬ、看護師の不養生」ってやつじゃの!

コンサルの先生にも「自分が元気じゃない人は人に元気を分けてあげられないですからね」って言われたってね?

そうなんですよ!!「蟹座の満月」の頃には占いで独立開業!なんて息巻いていたけど、そこまでたどりける状態じゃなかった。

ふむ、そうすると今回の山羊座新月のチャートテーマ「1ハウス」は己の体を見直すのが良さそうじゃの?

確かに、心身ともにへばってて、環境(家の状態)も荒れてると「2ハウス」の「自分の才能」なんて気がつく余裕はなし(笑)

ブログ書くのも、カード読むのもインスピレーション必要なのに出てこないですし。。

身体は「魂の家」だからね!

はい、だからこの年末は「断捨離」と「掃除」に勤しみましたぞー!(ドヤ)

ってことで、やってきました新年最初の「山羊座新月」のホロスコープ

自分の才能って、能力って、価値観ってなんだっけ?

それを体の感覚を鋭敏にし、つかみ取っていこうよ♪ってな感じのメッセージ。

今回の山羊座新月は「直感を体験的学びで受け取る」

f:id:kana-tarot:20220102175024p:plain

山羊座新月



アセンダント:さそり座28度

サビアン「自分の領土に近づく妖精たちの王」:直感に従うとき

アセンダントのルーラー「火星」

チャートルーラーは「1ハウス」にあるからこそ、生き方とか、人生観、ってかそもそもの「自分の肉体」がテーマとも言える。

この火星は「射手座」にあり「自分の影を探すグラウンドホッグ」ってシンボル。

影だけに「自分の精神体」「ハイヤーセルフ」を見つめてる感じ。

昔だって親や先生、友人なんかに

「こうやって生きろ」「これが成功法則」「これが人生に必要」

なーんて、耳タコになるくらい聞かされてきたと思うけど、今は暇つぶしにスマホ開いたら、そんな情報がその何十倍もの量、頭に流れ込んでくる。

そういうのにひたすら影響を受けてズブズブに依存し「これが自分の価値観で生き方」なーんて思ってたのをやめていく度数が「さそり座28度」

自分のインスピレーション、自分の心に聞いてみな?答えは見つかるよ♪ってこと。

新月山羊座13度

サビアンシンボル「火の崇拝者」:体を鍛えることで道が開ける

このシンボルは人間の生命力、みたいなものを大事にする感じ。

自分の直感を最も重要視する、とも言える。

儀式的に繰り返し継続していくことで力を発揮していけるようになりそう。

新月アスペクト

牡牛座天王星とトラインで、かつ「射手座火星」と「水瓶座土星」とセミセクスタイルという調和的な真ん中にある。

水瓶座土星」は「バロメーター」というサビアンシンボルで、世の中の動きを感じ取っていく感性を示します。

コロナ禍の中で、何が大事で何を優先するか、っての自分で決めて、それこそ感染状況なんかもチェックしつつ、自分の行動パターン決めましたよね。

「自分の体調が悪い時は出かけない」ってのも当たり前の「感性」「身体感覚」

会社の行事や、飲み会、オフィス出勤すること、なんかの「強要」はともかく「プレッシャー」ってのも、なくなりましたよね。

コロナが流行りまくっているイギリスなんかも「ロックダウン」してないものの、家族と過ごすことを優先させる動きで、レストランの予約は控えめになったとか。

ある意味で義理や見栄を張らない、シンプルな生き方ができるようになったのかもしれないですねー。

チャートルーラーが「1ハウス」新月が「2ハウス」の他に「金星」「冥王星」も「2ハウス」ですし「3ハウス」に「水星・土星木星」の3天体。

「4ハウス」には「海王星」と、ぎゅぎゅっと固まっているんですよね、天体。

全部「自分自身、自分の能力、学び、居場所」と「ステイホーム」な感じですねえw

トラインの牡牛座天王星は11度にあり「花に水をやる女」と、自分自身の感覚的な趣味に熱中していくことで、自分の感性を育てていくという度数。

まだ「オミクロン株」がどうなっていくのかはっきりしない状態ですから、自分自身や身近な関係性との付き合いに限定される状況です。

「6ハウス」ですから「人間関係」だけでなく「健康」も意味します。

それこそ長い長い「コロナ禍」で、外出しなくなったことで、運動不足で贅肉はつくわ「おしゃれ」も適当だわ。。。

人と合わないことでストレスが溜まって心も落ち着かないですよね。

チャートそのものには「厳しい」様子はあまりないです。

おそらく夜明けは近いと思います!

私なんか、この緩みに緩んだ肉体。。。コロナ禍が終わる頃に引き締められてるかしら。。。むしろ焦り出しました(笑)

この新月では「体の声を聞け!」というメッセージが強く出てます。

ぜひこの機会に「お家でヨガ」とか「ボディメイク」などで心身ともに鍛えて、近い未来のポストコロナへ向けて準備を始めるのはいかがでしょうか?

私は「家ストレッチができないのは散らかっていてスペースがないからでは。。」と思ったので、断捨離した年末でした。

「感性を磨く」というのは「感性に響かないものと縁を切る」ことでもありますね。

自分の気持ちを集中できない環境では、インスピレーションも、仕事もはかどらないですからね!

山羊座満月2022年7月14日ホロスコープ

自分にとっての理想を心に描き続ける

こちらは「山羊座新月」とは違って天体は上半分に固まってます。自分のことに集中していくよりも「社会」を意識するようになっているのでしょうか?

もしかすると長いコロナ禍が落ち着いて、「ポストコロナ」の新しい社会が見え始めているのかも。

アセンダントは「蟹座」なのでルーラーは山羊座22度の「満月」で7ハウスにいます。

これは【高揚感のクールダウンによる定着】の度数と言われているので、新月あたりから始めた経験からくる学びもある程度形になっているでしょう。

面白いのが山羊座サビアンで「敗北を優雅に認める将軍」というシンボル。

2020年の12月22日に水瓶座でグレートコンジャンクションがあり「風の時代の始まり!」とスピ界隈では盛り上がっているのですが。。

例えば、一昔前の「物質主義」つまり自分の地位や威力を誇るためにモノを所有したり、その目に見える成果を得るために競争したり。

そう言ったことよりも「本当の意味での豊かさを見つめる社会」を意味するんです。

山羊座(蟹座も)は「階層社会」「男(外で働く人)と女(家を守る人)」「敵と味方」「国内と外国」という枠を作り、守り、枠から排除する、といった意識でした。

しかしコロナみたいなパンデミックが起きると「国境封鎖」したところでウィルスは入ってくるし、そもそも外国と交流できないと食料すら入ってこない日本。

WHOも「先進諸国がワクチンを買い占め、独占し自国優先にしているから、後進諸国でむしろウィルスがはやってしまいコロナが終わらないんだ」と批判してました。

そう。。。金持ちだの貧乏人だの、日本人だの外国人だの「区別・差別」するのは人間だけで「ウィルス」は知ったこっちゃないですからねw

水瓶座のような「風の星座」の時代になると、そう言った古びた「価値観」は消え去り「男でも女でもない」あるいは「男であり女でもある」存在、肌の色や国籍の関係ない世界、フラットでオープンな気風がぐっと台頭してくるでしょうね。

逆にそういう「変化」を受け入れないと生きづらくなるかもしれません。

ここは意地を張らず「優雅に敗北を認め」ちゃって欲しいモノですw

対する蟹座のサビアンは「ヨットを待つ女」というシンボル。

「風をはらみ進む”ヨット”」という存在を待ちわびる、つまり理想や憧れを持ち続けること、そう言ったことを本心から望む姿勢が幸せな状態や理想的な愛情を引き寄せるようになる、ということです。

コロナ禍は辛く苦しい日々でしたが、一方で「当たり前」の生活がどんなに豊かだったか、人とつながれることの大切さ、みんなで協力することの重要性がはっきりしたのではないでしょうか?

今回の「山羊座新月」から7月14日までの半年、コロナ禍で見つめ直した「本当の豊かさ」「自分自身の理想」をはっきりと描いていく半年なのかなと感じます。

 

f:id:kana-tarot:20220102162132p:plain

山羊座満月

1ハウス(自己)と7ハウス(他者)を結ぶ二つの調和

満月というのは「相反する反対の要素」(蟹座と山羊座)に太陽と月が入る形です。

しかしこの反対の要素は、同じテーマ(この二つの場合”枠組み”と言った感じ)も持っており、そこからある意味「抜けられない」んです。

まあ反対の立場や価値観から、同じテーマに関して喧嘩してるような。。

そこをうまく調和させる位置に、この山羊座満月では「牡牛座11ハウスの天王星魚座10ハウスの海王星がいるわけですね。

魚座はそもそも個人の「枠」すらを溶かしてしまう、エヴァンゲリオン人類補完計画みたいな世界観ですが、今のインターネットのカオスそのまんまですよね。

情報の海で溺れて混乱して、自分を容易に見失う状態です。

そこで、魚座海王星の「影響を分割する新月というシンボル、

他者と混同せず、自分の本当の運命や個性、生きる道を明確に意識することで結果を受け取れる」ということ。

なので、牡牛座天王星の「新しく形成される大陸」というシンボルがヒントですね。

多様で雑多な価値観が混在するいま、大切なのは「心の底から出てくるメッセージにたえず耳を澄ませる事」

心に濁りを残さぬように、心身のリフレッシュは常にしておきたいですね!

2021年冬至から始まる目覚めの時

青猫でっす!明日は2021年の冬至ですね!

少し前の記事で冬至のこと書いてましたが。。。とりあえず予想通りコロナ禍はまあ落ち着いており、穏やかに過ごせそうなのはよかったです!

個人的には「満身創痍」といった感じの冬至ですが。。。コロナ禍で訪問看護師は神経を使いすぎていたようでw

ふーん、やっと認められたんだねえ?

熱でも出そうもんなら事業所閉鎖。。って緊張感でピリピリし続けた2年弱(涙)

緊張しすぎていると不調に気がつかないんですよねw

自分の弱さを認められないってのはカッコ悪かったのお?

まあ平気なふりでもしてないとストレスで気が狂いそうだったっていうか?(汗)

むしろ平気なふりしてるからオカシクなるんじゃないの?

うううう、それ図星です(泣)

ってなわけで、中々ボロボロだった私ですが、実は最近「救助された」感じがする出来事がありました!

実はきっと、何回もに分けて救いの手が差し伸べされていたのです。

それは「身近な人」から与えられた「無意識のひらめき」でした。

そして、それこそが今回の冬至のテーマじゃないかなと思います。

 

f:id:kana-tarot:20210919083234j:plain

 

lrt.hateblo.jp

 

今回の冬至はチャートルーラーである「金星」が「冥王星」とともにMCのルーラーである「月」とオポジションです。

その緊張感ある関係性を穏やかにまとめているのが8ハウスにいる「ドラゴンヘッド

このヘッドのサビアンシンボルが「密かに靴下を満たすサンタクロース」というクリスマス直前にちょっと笑っちゃうシンボル。

これは無作為に、無尽蔵にふとした情報をとりあえずキープしておくこと、無意識に浮かび上がってくる「内面の声」がギフトだよ♪ってな感じ。

それが「ヘッド」なので、自分に幸運をもたらしてくれる身近な関係性、からもたらされる、ってことになります。

この世の中、情報が溢れすぎていて、ネットで検索するとなんでも調べられる反面、それが自分にとって本質的に必要なのか、考えちゃうところもありますよね。

これからは自分に問いかけて、自分で答えを感じることがもっと重要になってくると思います。

例えば、最近の私にとって「救い」になったきっかけは、友達が数回に分けて、相談してきた内容だったんです。

①友達に「ホロスコープを見て欲しい」と言われたきっかけで占星術のスクールの再受講を始めた。

→再びホロスコープを読んでみたら、ここ最近の転職のタイミングがピッタリと重要な星の動きの日に重なっていたという発見をした!

②友達に「子宮系の問題があると指摘された」と相談されたので、母親と話した際に話題にしてみた。

→母親が健康茶を飲み始めて4ヶ月くらいで「正常の3倍」くらいあった子宮内膜が正常範囲に変化したと聞いて友達に勧めたついでに自分も飲んだら体調が良くなった。

③自分の長年の不調を解決しようと「鍼灸やって見たいなあ」と検索した鍼灸院に問い合わせしたのに、返信がなくお流れになった直後。。。

→友達が「最近鍼に行った」と話してくれたものだから「ひらめき」が降りてきて行ってみたら本当に不調が一発で治った!!!!

と、こんな感じで「無意識からのひらめき・サイン」で行動したら、全部いい方向に行きました。

特に鍼灸の先生に至っては、あまりのストレスぶりに「もう無理!助けてください!」ってハイヤーセルフか、宇宙か、何がしかに(笑)懇願した直後でした。

先生の施術は「摩訶不思議」で、なんで治るのかわからない、魔法使いみたいな感じなのですが、まあ宇宙の全知全能の存在?に願った結果だからさもありなんw

2回目の施術予約が「クリスマスイブ」ってのも「サンタさんのプレゼントみたいだ〜!」と結構嬉しい気分です♪

12月24日は「天王星土星」がピッタリとスクエアになる最後の日でもあります。

 

lrt.hateblo.jp

 

今までの枠を突き抜けて、変わっていくのにピッタリの天からのプレゼントではないでしょうか?

いろんなことを考えすぎて、同じところをグルグルしていた私ですが「もー考えてもわからない!ヒントください、てか答え教えて!」と最近丸投げですw

そもそも「考えすぎが不調の原因」と鍼灸の先生に言われた私。

考えるのをサボタージュして、答えがもたらされるのを待つ受容性も、必要なのかもしれませんね♪

双子座満月2021年12月19日のホロスコープ「理屈を超えて未知の世界へ」

こんにちわ!青猫です!今日の午後、双子座満月でしたね!

今日の明け方に結構衝撃的な体験をして、午前中死んだようだったので午後に無◯でブラトップ買いに行っただけでおわた満月w

衝撃的な体験って何???

いや、夢の中で変なデバイスを胸に当てられたら心臓がバクバクと動悸を打って、息苦しい!!って思って目が覚めたら「現実」にハアハアしてたのです。。。

あらら。。。金曜の鍼灸の先生に「体壊れまくってます♪」って言われたんだっけ?

そう。。どうも心臓悪いっぽいっす!(笑えない)

しかし歪んでた股関節は治ったんじゃろ?

そう!!何と6年越しの問題だった「右股関節」の歪みは一発の調整で直って重心が中央に乗るようになったんですよー!

マジ〜!ゴッドハンドじゃんw

まあ「ハート」の問題は何年もの蓄積らしいからしばらくかかるのかもしれんの?

先生に指摘された「悪いところ」って「チャクラ」が数カ所壊れてるんじゃ?ってなんとなーく思ったのです!

それじゃ、直感力も鈍るわけじゃノオ?

占い師できない〜って凹んでたもんね?w

そうそう。。。先生に「エネルギー10%くらいで稼働してる状態」って言われたので、100%に充填するまで、しばらく自分のケアに集中する所存です!

ってなわけで、この「双子座満月」前にとても印象的な「鍼灸の先生」との出会いがあり、自分でも薄々わかっていた「低エネルギー状態」を指摘されました。

「あなたは頭で考えすぎてるから胃が下がってるの、それで腸が押されて云々。。」と説明されてさっぱり分からなかったのですが。。。

「頭で考えすぎている」問題は言われなくてもめちゃくちゃ自覚あるのよw

先生に「なんでかって、言われても”そうだから”としか言えないなー」

「治るんだったら、理由なんてどうでも良いでしょ」

って言われてめちゃくちゃ納得しました。

そう、別に治るんなら原理とか「どうでもいい」

なので「すっかり委ね切って任せる安心感」を体験してきましたよ♪

これぞ「トータル・サレンダー」の感覚か?w

今回の双子座満月は「理屈を超えて未知の世界へ」

f:id:kana-tarot:20211219215412p:plain

2021年双子座満月

6月の「双子座新月」は「金環日食」で「6ハウス」「双子座20度の新月」でした。

この少し前の私は「訪問看護師としては現場キャリアが足りない」と悩んでました。

そのため、知識と経験を積もうと病棟に転職活動をし、内定までもらったんです。

それなのに、魚座木星が移動したタイミングで、何故か”いや逃げないで踏みとどまるべきだ”」と思い直していました。

この「双子座新月」の前後でいただいていた二つの内定を辞退して、今の職場に止まりました。

その時は「お世話になった、チャンスをもらった上司や同僚、利用者様への”情”(魚座的?)で思いとどまったのですが。。。

現在の私の状況は、人員が減ってプレッシャーと仕事量が多くなり「その頃の自分が思い悩んでいた時」よりも状況がハードになってるんですw

しかし結果的には「絶対無理、できない!」と思っていた仕事は「できて」ますw

この「双子座20度の新月」は「客観性や思考力、情報」を駆使して環境に振り回されず冷静に状況判断する、という訓練の始まりだったのですね。

このあと7月28日には木星水瓶座に戻り「水瓶座GC期」(2020年に水瓶座土星木星コンジャンクションになったこと)の最初の仕上げに入っています。

この時に「もっと知識を」と新しい職場に転職していたら、そこに慣れるのに必死で知識は身になるところまで行かなかったことでしょう。。。

双子座というのは「好奇心が旺盛」で広く浅く知識を求めます。

しかし見聞きした程度の知識では重要な判断を下すとき迷うのではないでしょうか?

特に「訪問看護」は病棟看護と違って、検査数値や、画像などの「客観的データ」は少なく、代わりに「感覚的・主観的データ」が主になる現場。

「ギリギリ冷や汗をかきながら現場で場数踏んでいく」しかなかったんでしょうねw

すごく「五感と直感」を使う訓練になった気がします!

その結果「勘」が研ぎ澄まされて、あんまり嬉しくないけど「ああ、この人もう亡くなるな。。」が分かっちゃうようになった(泣)

でも、だからこそ「鍼灸の先生」が私に「やったこと」が本物であることも「理屈はわからない」けどハッキリと理解できたんだと思います。

「いや、そうなってるんですよ」が口癖なのは占星術の先生もそうなんですけど、鍼灸の先生があまりにも占いの先生を思い出させたので面白かった。

なんというか、集客とか宣伝とか、どっちも興味なさそうw

意外と「本物」は検索上位に上がってこないんでしょうね、今の時代。

アセンダント:牡牛座10度(実際は9.27)

サビアンシンボルは「赤十字の看護婦」

今回の「双子座満月」は2ハウスの満月つまり「自分の価値」がテーマです。「稼ぐ能力・収入源」もありですが。。

実際「看護師」やってる自分としては笑っちゃうシンボルですけどw

松村先生によると

”意に沿わない状態から将来的な計画を持って抜け出し、最後には幸せを掴むという体験を他の人に教えます。(略)自分の経験ならば自信を持って教えることができます。根気を教えるという点では、誰よりも有利です。”

実際「訪問看護師」として、足腰が弱らないようにと「リハビリ訓練」なんかもやるんすけど、これも自分がやっている体操なんかをベースにしてたりします。

実際に自分が動いてみた感覚を教えている感じです。

自分がずっと習っている「習い事」も自分より初心者の人には自分も通ってきた道なのでポイントが教えやすいです。

特に最初から勘良くできたタイプではないだけに、つまずいている人には根気よく教えることができる気がします。

このアセンダント」には牡牛座の天王星コンジャンクションです。

そしてこの天王星水瓶座土星とスクエアなのですが。。。

今年何度も(2/18、6/15、12/24)この土星秩序と慣習)と天王星(革命・変化)」がぶつかり合ってきた、最後のピッタリスクエアがクリスマスイブです。

2/18の土星天王星スクエアは8度で「落差の超越」がテーマでした。

牡牛座サビアンは「雪と一緒にないソリ」

「自分が置かれた不利な立ち場を乗り越えるために長期的な計画を立てる」

水瓶座サビアンは「美しい衣装を着た蝋人形」

「環境に入り込めない場合、矛盾を感じないため本物以上に精巧にふりをする」

6/15の土星天王星スクエアは8度で「特異なものを日常に浸透」がテーマでした。

牡牛座サビアンは「模索している貝殻と遊んでいる子供たち」

「自分に合う、身の丈にあった日常の宝物を見つけ出していく」

水瓶座サビアンは「トンネルに入る列車」

「重要なもの、目的に沿うもの、本質的なものを日常化すること」

そして12/24土星天王星スクエアは12度で「未知の探究」がテーマになります。

牡牛座サビアンは「ウィンドウショッピングをする人々」

「掘り出し物を発掘する能力」

水瓶座サビアンは「上へと順に並ぶ階段の上の人々」

「社会的ステイタスではなく、精神的発達度や見えない部分の能力で可能性を発掘」

こうやって今年の一大テーマ「土星天王星のスクエア」を度数で並べてみると、自分の「テーマ」がはっきりしていて、笑ってしまいました。

2月ごろは文字通り「自分の望んでいたことや、求めていたことと真逆の方向性」である「訪問看護」の現場で自分の今までの経験を活かせず悩んでいました。

しかし6月ごろに「何故か腹くくってやれるだけやってみる」と思ってから、すぐに数年間封印してきた「占いの世界」に戻ることになりました。

「特異なものを日常に浸透」するかのように初めはタロットだったのが、西洋占星術にまで戻りました。

そして「訪問看護師」に転職した時期はピッタリとネイタルとダイレクションで「天王星がヘッドにコンジャンクションとスクエア」だったということが判明!

この転職は「宿命的」だったわけですw

自分の「内なる声」に従って(当時も何故か分からなかった)みたら、なんのことはない星に振り回されていたらしく。。。

しかしこの「訪問看護師」の現場で自分の中で「最弱」だったところが鍛えられたし、自分の「最強」のところも掘り出せたと思う!

まさに「自分の価値」をあらためて高め、発掘できた「半年間」でした。

クリスマスイブの最後の土星天王星スクエアでは「精神性を高めていく」ことと「価値あることを探し当てる能力」がテーマです。

精神性が高くなってくると上からのひらめきが降りてくるから、探し回らなくてもきっと価値あるものがあちらからやってくる、ということですね!

満月のアスペクト

こちらの満月は「山羊座10ハウス冥王星✖️金星」とクインカンクス

150度っていう、ちょっとクセのあるアスペクトです。

MCが山羊座なので、土星が「10ハウス」のルーラーかつ10ハウスにいます。こいつも月に対して135度のセスキコードレートという、チャレンジングな関係性。

アセンダントのルーラー「金星」

金星は山羊座冥王星コンジャンクションで「双子座満月」と上記の通りクインカンクス

冥王星の圧力を含んだチャートルーラーとMCのルーラーのどっちもが「満月」に課題や工夫を投げかけてくるという、なかなか考えさせられるチャートです。

水瓶座土星サビアンの11度で「自分のひらめきと向き合う男」

文字通り一般的な常識や本を頼りにするのではなく、自分のひらめきを通じて真実へと向かおうとする姿勢を意味しています。

複雑でさまざまな価値観が混在する社会やネット上で迷子にならないだけの自分の内から湧いてくる感覚と向き合うことが解決策なのでしょう。

月に対してトラインの位置にある、水瓶座29度の木星は、そろそろ魚座に入るところ。

理念的で知的が水瓶座が、境界線のない「全てが一つ」の世界観に入っていく。

頭で情報や知性をひねるんじゃなく、感じること。

「さなぎから出てくる蝶」はマインドからスピリチュアルへの移行ですね。

それは満月のサビアンにも現れています。

満月:双子座28度(実際は27.29)

サビアンシンボルは「破産宣告された男」

なんといっても「満月」のシンボルが「もうどん底に落ち切ったためにキッパリ人生リセットして新しい方向にいく」ってやつですから。

なんか情報と知識で頭パンパンになって、訳がわからなくなって、頭がショートして、ついでにハートチャクラもぶっ壊れた「私」のようです。

鍼灸の先生に「ここ痛いですか?」って聞かれて「たぶん痛いと思います」と答えたら「たぶん、とか、思います、とか、そういうのはダメ」

「”痛い、痛くない、わからない”と言わないと自分が混乱するよ?」と言われました。

そうか。。。感じられないことを「言葉」で誤魔化していると、自分に嘘をついているってことなんだ。。。と。

感じられないなら「わかりません」でいいんだ!!!

どうして「わからない」ことを、そんなにも誤魔化そうとしていたのか?

「わからない」なら「わからないまま」で。

それでいいんだ!って思えたら、すっと楽になりました。

なんでもグーグル検索する癖も良し悪しですね!

  • 「わからないこと」に心地よくいられるように。
  • 焦りと不安で「答えを探そう」としないように。
  • 「これでいい」と思える状態を待てるように。
  • 自分の中に「ひらめき」が降りてくるのを信じるように。

そのためには魂の乗り物である「身体」を労わろうと思います。

体調がイマイチだと「不安」いっぱいで「未知の世界」へレッツゴー!ってノリでいられないですからね!

とりあえず、最後のぴったり土星天王星のスクエアのクリスマスイブは自分メンテで鍼灸2回目です〜楽しみ!

 

「ホロスコープ 月 ボロボロ」で検索してくる人が多いんだけど。。。

こんばんわあああ!青猫でっす!

テンション高いじゃん〜どうしたの??(笑)

最近ストレス溜まっておったからの。。。ついに壊れたか?(汗)

違いますよおおお!確かにストレス溜まり過ぎて、仕事中も「もう無理無理無理っす!神様助けてください」ってお願いしてましたが。。。(苦笑)

そのお願いがついに叶ったつーか、届いたっていうか。。。つまり、落ち込むだけ落ち込んで、急浮上しました!

なんじゃ。。。その適当な「ストレス」は?そんなに簡単に気分が変わるもんか?

あーそれあるあるwなんかもーどうでも良くなることってあるよね!

そうそう!実は友達に愚痴ったら、言われた一言で目が覚めたんだよね!

f:id:kana-tarot:20211206231520j:plain

ってことで突然ですがお題の「ホロスコープ 月 ボロボロ」の件なのです!

昔に書いた記事ですが、うちみたいな弱小ブログで、ちょこちょことアクセスがある記事なのです。

lrt.hateblo.jp

つまり「月=感情」が辛い人、ボロボロだと感じている人が多いのかなと思いました。

この「月がボロボロのホロスコープ」って、検索して探している人には結局「答え」が書いてないような感じの記事ですが。。。

この記事の「ウツっぽいと言っていた友達」は山羊座の月と天秤座の冥王星がスクエア」でハードアスペクト持ち(+その時さらにトランジットの冥王星が刺激)

ちなみに昨日会って話した友達は「天秤座で月と冥王星コンジャンクション

スクエアの友達は「月✖️冥王星スクエア。。。キツそうだな」って思いましたけど(いわゆる山羊座っぽい優等生真面目感が辛そうでした)

コンジャンクションの友達はハードアスペクトじゃないんだけど。。。なんていうか気持ちにグッと強いところとか、コダワリあるなって感じてた人。

ホロスコープみた時に「月✖️冥王星」があってなるほど、と納得したものです。

もちろん「天秤座の月✖️冥王星」なので、あくまで表面上はスマートで、あからさまに毒づくタイプではないですが。。

特に同じ天秤座の私に対しては、あんまりディープな物言いはしない印象でした。

ところが、割と仲良くしていた人との会話を聞くと結構激しく、ぶつかり合いをしていたそうなのです。

おや?っと思うくらい、いじっぱりの会話をするそうで、意外だったのですが。。。そう、その方とは「獅子座関連」が共通、つまり「不動星座同士」のガチンコ。

「不動が皆無」に近い私とは、ぶつかり合い、生まれなかったんでしょうね。

「天秤座」の性質が強い人は「相手によって出すカード」変わるのでw

そういえば「水瓶座」が強い友達ともうまく行ってなかったかも。。。

つまり「月✖️冥王星」は十分に「心理的なこだわり」を生み出していたようです。

この友達は、若い頃から体質でちょっと弱い部分があったそうで、最近色々と不調が出てきた為、鍼灸・整体に行ったのだそうです。

そこで言われたのが「君の体調が不良なのはね、心が硬いからだよ、頑ななんだ」と。

あとは「心が疑り深い」とも言われたとか。。。

「心が硬い。。。こだわりがある。。月✖️冥王星じゃんw」

「心が疑り深い。。。月✖️冥王星じゃんwwww」

思わずホロスコープを知ってる私は心の中で密かに爆笑していました。

友達は「魔法使い」とまで共通の友人が褒め称えた、整体の先生の言葉に憮然としており、信じてなかったようですが。。。

私は西洋医学的にも、占星術的にも、その先生の指摘したところが、ものすごくグッときたというか、ピンときたので、治療を受けに行ってみたいと思ったくらいです。

私の生き方というか、人生自体は「ハードモード」なのですが、実は月にはハードアスペクトがないので「本質的に病まない」です。

一応「天王星」とのトラインなので、ただでさえ月は移ろいやすいのに「天王星」でさらにコロコロ心変わりするため、逆に気分転換できてるのでしょう。

それなので、ブログのテーマもしょっちゅう変わっていますが、それでも「継続」できることがあるなら。。。それが本当に「好きなこと・やりたいこと」

なのかもな。。。と思っています。

月がアウタープラネットとアスペクトを持っていると、どうも変わった人になりやすいですが「月 ボロボロ」なら、やっぱり「月✖️冥王星」でしょうね。

これが「トライン」なら多分、カリスマ性とか、逆に心が無限のパワーで守られてそうな気もします。

でも「結構きついハードアスペクト」持ちの自分から言えるのは、ハードはただ単に極端にその傾向が出てしまってコントロール不良なだけ。

失敗を重ねて、じっくり考察していくうちに、それはトラインのようにいい方向に力を制御して平和利用することもできる!!!

最近はそう言えるようになれた気がします。

ホロスコープの月がボロボロ」の自覚がある人も!「ソフトアスペクト」をうまく活用すれば「ハードアスペクト」を攻略できると思います!