SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

自分の感性に身を委ねて生きてる人のコトバは鮮度が良い:”人は宇宙の黄金のお米粒”っていいコトバだ

さっき、めちゃくちゃなが~い記事を書いておいて、更に連投。

さそり座新月だから、許してください(笑)

 

このブログを立ち上げた当初は、独学だった占星術も、

まさかの学校にいくことになり、すっかりコミットした。

言い換えると「知識を詰め込み」始めたってことで、

それはそれで大事だけど「自分の感覚」や「自分の言葉」と

つなぎ合わせる作業は、また1つの作業でもあり、大変な道のりだ。

 

星を感じたり、表現したり、日常のことがらに星の法則を発見したり、

そんな日々がとてもたのしくて、

だから何だ?って言われても気にもならない位、楽しい。

 

それやってどうするんだって言われても、むしろどうでもいい。

そんなことを思ってたら、思いのままに生きてるブロガーさんの鮮度の高いコトバが。

 

「おれはなにをやっているのだろうか」と思った瞬間ほど、多分、そのひとはいい感じのことをしている。これは自分を肯定するために言いたい。「おれはなにをやっているのだろうか」と思ったらチャンスだ。多分、どんどんやったほうがいいのだと思う。もっともらしい理由があるひとよりも、よくわからないけれどやりたいからやっているひとの方が(私の中では圧倒的に)好感度が高い。意味不明な人間は素敵だ。あなたくらいの才能があればいくらでも働き先があるであろうに、なぜ、そんなことをやっているのか(もったいない!)と周囲から問われまくるくらいになったら『一人前』だと思う。

我々は、宇宙全体における偉大なる黄金色のお米粒なのだ。 - いばや通信

 

あんなにガンバって取得した看護免許とそのキャリアにつながる稼ぎを、

すっかり捨て去って、嬉々として、一円も稼がない勉強に再び身を投じてるわたしは

たぶん「変態」なのだとおもう。

 

先だって、看護師のバイト先でであった人から

修士論文を書き上げたが、英訳を付けないと認めてもらえないので、お願いしたい」

といわれて、そういえば「看護学校の講師の仕事をを紹介したい」と頼まれたことも

あったなあ〜と懐かしく思い出す。

 

バイト先に履歴書をもちこんでも、首をかしげられる無駄にキラキラな履歴。

今年になってやっと「雇ってもらう」ことに見切りをつけたけど。

 

ほんとに、いったい何がやりたくて、何をやってる人生なんだろう。。w

と、思わず笑ってしまう。

 

有意義より無意義。大勢の人が「何か有意義なことを」的なことを考える中で、我々「無意義に賭ける」少数民族は無意義街道を爆走する。有意義街道は大渋滞を起こしているので、遠くまで行きたくてもなかなか進むことはできない。が、無意義街道は「誰もそんなところを通りたくねえよ!」的に感じるひとが多いためにこの瞬間もガラガラだ。無意義上等。無意義上等、と書いて「なんだかいい言葉だな」と思った。社会的にはなんのアレもないから周囲からボロクソに言われることも多いこの道だけれど、有意義街道ではなかなか得ることのできないよろこび、誰もいない道路を「おらおらおらー!」と爆走するよろこび【生きている実感】を得ることはできる(おれはなにを言っているのだろうか)。

我々は、宇宙全体における偉大なる黄金色のお米粒なのだ。 - いばや通信

 

坂爪さんが指摘したように「無意義街道」こそが、空いていて楽しい道なのである。

だれも通りたがらないからこそ、たまに出会う人は鮮度が高くピチピチしていて、

ほんのちょっとコトバを交わしただけでも、こちらも潤う。

 

作っては壊し、ガンバっては打ち捨て、根を張ったら根こそぎ抜いて、漂う。

 

そんな酔狂なことをしてるじぶんが、ことさら可笑しくて笑えるようになったのは、

やっと「オトナ」になれたのかもしれない。

 

それも「無意義街道」を突き進む、極道なひとたちに出会った楽しみが大きい。

 

10個の偽物より、ひとつの本物を持ちたいと思う。どうでもいい10人の知り合いよりも、ひとりの友達を大事にしたいと思う。わたしがブログを書く理由、わたしがおはなを配る理由、わたしが予測不可能性に賭ける理由、多分、それは「そこから発生するコミュニケーションを楽しみたいから」なのだと思う。10個の偽物より、ひとつの本物を持ちたいと思う。高級料理についてあれこれウダウダ言ったのも、わたしにとって重要なのは人間のこころであり、話題のメインが料理のことばかりになってしまって「こころの部分」から離れて行くことが嫌なだけなのかもしれない。

10個の偽物より、ひとつの本物を。 - いばや通信

 

そう、占星術なんてたぶん一切気にしてないであろう、坂爪さんのこのコトバ。

 

「10個の偽物よりもひとつの本物」

 

は「さそり座木星の年」にはピッタリだ。

 

さそり座に太陽がある今は「春に植えた稲からお米粒が何千個」も出来、

美味しい新米をわたしたちは享受してる時期なのだが、これまた「来年」まで、

つなぎたい「もっとも良き種」を選別する時期でもあるのです。。。

 

そう「人は宇宙の黄金のお米粒」なのだから。

 

自分の中にある、もっともキラキラしたもの。。。

それを今選定して、次の春にまたまくために。。。

 

そういう大事なことに集中するために、無意義な時間こそが黄金を産むのだなあ。

 

宇宙の流れを感じる時間は、目には見えないけど「濃厚リッチ」です。

 

11月18日は「さそり座新月」:やぎ座の冥王星+土星時代にむかって、さそり座木星期の「真実のパワー」

今朝も、なんだか宇宙の働きに感謝。。。深く感謝したくなった目覚め。

眠りから覚める時って、毎日「再生」の儀式をしてるんだなと思う。

仕事のために目覚ましで早起きをするときは、

そんな浮世離れした感覚を味わっているひまはなけどw

 

そんな本日、11月18日の20:44に「さそり座新月を迎えます。

でもいきなり「ボイドタイム」に入ってしまうので(19日の明け方4時まで)、

新月のお願いは19日になってからでいいのかも〜

わたし自身は、ボイドタイム気にしてないんですけどねw

続きを読む

心の風邪〜ウツになりやすい人、月の動き:プログレスの月とおうし座満月振り返り

タイトルが意味不明ですが、ひっさびさのブログを書こうと思ったのは、

一昨日、一日のうちに

 

占星術友だちから、

「なんか、最近まえみたいにウツっぽくて。。。冥王星オポジションだからかな。。。ちょっと話したいんだけど。」 (星用語まんさいでマニアトーク。。w)

 

②いとこから、

「◯◯市で最年少の、空手5段とったで!精神安定剤飲みながらとか、地味にすごいよな」(筋肉つかうとテストステロン出て、ウツにはいいかも。。)

 

③ブログ仲間さんが、イギリス貴族のおかかえメイドの伝記を紹介していて、

そのメイドがパワパラすぎる女主人に精勤崩壊寸前までもっていかれて、

そこからどうやって、立ち直り、逆に彼女との強固な信頼関係を築くにいたったか、

ということを記事にしてくれてた。(精神科もなかったのにねえ。。あのころ)

 

ということで、人間関係や職業上のストレスは、

世紀が切り替わっても、

ライフスタイルがかわっても、

 

古来よりあったのねえ〜(*´ω`*) と共感しました。

 

実りの秋、アンニュイの秋、読書と内省の秋、らしく振り返ってみよーと思いました。

続きを読む

10月10日!木星さそり座入り:蓮の花は泥に眠る〜ギャングスターからハリウッドスターへの飛翔”「マーク・ウォールバーグ」

「映画 で星詠み」シリーズ第二弾は「しゃべるティディベア」の「テッド:TED」の「マーク・ウォールバーグ」になりました!

facebookで、だれかがシェアしてた「伝記的動画」が完全に「ピン!」ときちゃって、英語だったんですが、わざわざ訳してまで「記事ネタ」にしました。

 

どうもガイドさんの囁きがあったらしい。。。。(^m^;)

 

10月10日に「さそり座」に「木星」が移動するという天空の大イベントのエネルギーが切り替わりつつあるの感じてるらしく「マーク・ウォールバーグ」のストーリーが心の琴線に触れたみたいです。

 

「Italian Job」で見た時から「やべー!!!!童顔キュートなマッチョ兄♡」

と好みどストレートな俳優さんでしたが、

(”ミニミニ大作戦”って日本語のタイトルだったって初めて知りました) 

スーツ姿もいいけど、鍛えあげられた肉体にシンプルな白いTシャツが。。。♡

 

続きを読む

占星学的ホリスティックライフと物語セラピー:秋分の日

今日は秋分の日ですね〜世間様は祝日ということで、のんびりデーなのかな?

最近まいにちのんびりデー(仕事が無いともいう)の私は、うっかり道場が休みなことをわすれて、閉まってる道場まで自転車で行き、そこで思い出しました。。。(;_;)

 

そう、今日は秋分の日ということで2017年もあと100日です。

 

自然の流れで言えば、実りの秋で、春からの成果を刈り取る時期。

そして来年にまく、とっておくべき「種取り」の時期もやってきます。(*´∀`*)

 

今年の大いなる恵みに感謝しつつ、来年以降にまた繋げていくための大切な時期。

 

なので、エネルギーが溢れだしていた春や、みなぎっていた夏と比べて、この季節は静かにスローダウンしながら、内省するにはいい時期です。

 

続きを読む

「映画で星詠み」〜「ある公爵夫人の生涯 (2008 )」〜映画を”星と感覚で読み解く?!”

続くかわからないけど「映画で星詠み」カテゴリーを創ってみました。

 

最近毎日「西洋占星学」のことしか考えてません。。。

寝ても覚めても〜の世界。(*´ω`*)

 

「金星×冥王星コンジャンクション」のスイッチが入ると、ハマっていること以外はまったく無視されるんで。

 

2年前ワードプレスにハマった時も、ネットはメールとググるくらいしか興味なかったレベルから、3ヶ月のハマり期間(短かったね)の間に、コードの専門書まで買い込み、HTMLとか、サイトのフォントデザインいじるくらいまで到達しました。

 

このへんの「独学」ベースで集中してやるのは「金星×冥王星コンジャンクション「セミセクスタイルになる「さそり座水星」です。

ちなみに「さそり座の水星」を頂点として海王星ふくめた「セミヨッド」というのを形成しております。

 

「宿命的配置」「神の手」なんて、詩的な表現されるヨッドですが。。。

 

続きを読む

二回目の、しし座新月(8月22日)直前!おうし座下弦の月〜自分の内面と膝つき合わせて、舞台裏ミーティング中♡

むっちゃ、久しぶりにブログ更新します。

 

最後の記事が7月1日ですよ。。。。

更新してなかったのは、7月9日のやぎ座満月「ワークショップin沖縄」のマジカルな体験が衝撃過ぎて、にわかに自分でも自分に起こったことが信じられなかったんで。 

 

ずっと自分の内面と向き合ってきた、深海魚みたいな2年弱の間に潰したブログもふくめて、ほそぼそとでも外界とつながるために声を綴ってきたのだけど、

その内面で考察してきたエネルギーが段々、外面化、現実化、具現化し始めて。。。

 

まあ、自分探しヲタク→リア充生活

 

に急浮上したので、息ができない深海魚状態でアップアップだったわけです。(笑)

 

続きを読む