人生リセット読本(LIFE RESET MANUAL)

人生順風もあれば逆風もあり☆ホロスコープを羅針盤に航海はつづく!

2019.5.5【おうし座新月】:おうし座天王星時代初のおうし座新月

今日は平成最後の日で明日は新元号の「令和」元年ですね〜♡

でも全然気に留めてない&むしろどうでも良いなあ〜と思うのは「星の運行」のが気になる星マニアだからかも。。。今日だって記事かこうかな?って気になったのも、ふと気がついたら「おうし座天王星」入りしてからの初めての「おうし座」での新月なので「記事を書く」という「形」に残したくなったのかもと思う訳です。

つまり全くの平常運転(星的感覚)で世間様の「令和」騒ぎにのってません〜

フランス人の友達にも言われて「そりゃそうだわ」ってなったけどこの時代になっても「天皇陛下の時代変わる=公的文書の年号変わる」で右往左往してるなんて「グローバル時代」とズレてるのかもしれませんw

ペーパーレス化も思った様に進んでないし、それで結構オッケーになっちゃってるし、というより日本語と言う特殊な言語によって発生する事務作業という雇用に日本は頼っているとどっかの記事に書かれてました。。。。そうかも?

そんな「ガラパゴスニッポン」も日本語という特殊語圏内での内需が盛んだったから今までやって行けたけど、もう平成の殆どずーっとデフレ経済で一般市民の懐は青息吐息だし、国力そのものも、この間シンガポールに旅行に行った時に日本が「アジアの先進国」だと思ってた意識を結構覆されてしまったので。。。

といっても20代の若造時代にカナダにワーホリに行った時の様に「日本は駄目だ!」「海外に行きたい!」みたいな暑苦しい思い込みで走れる歳でもなく〜

「理想郷」なんて世界のどこにも無いのさ♫と思い知った歳だからこそ、過剰にも過小にも自己評価すること無く、冷静に「自分の能力」を最査定できるのかなと思います。

進行のいて座木星がわたしの「4ハウス」を運行して来て自分の「ルーツや拠り所、居場所」というテーマにしばらく光が当たっていたこともあって、シンガポール旅行の時に色々頭を巡っていたのは「これからどこで生きて行くか」ってことでした。

20代で一度海外に出ちゃったから、というのもあるかもしれませんが、幼少より引っ越しが多かった自分には「故郷」というものが具体的に存在しないため「居場所」というのが「自分の居る場所」以上でも以下でもないってことが何となく解ったのでした。

特に具体的な街や国に捕われずに居られるなら、どこに行っても友達や知り合いを作ることができるなら「どこに行く?」って考えた時に「個人が個人として生きやすく、自分の能力を高く評価してくれる所」ならどこでも良いんだなということです。

2011年に帰国してから看護師としてのキャリアより合気道を選択してからは仕事より収入より合気道の稽古量を優先して来たのだけど、その合気道が自分が納得出来るレベルに何とか到達出来たことが「東京じゃなくてもいい」という気持ちになった理由。

「おうし座」は2ハウスの担当であり自分の生まれ持った資質を活かして行くエリア。

もちろん守護星が「金星」なので「美と平和」や「お金」なども関係してきますが、同じ「金星」が守護星の「てんびん座」と違って社会で正しいかどうかより「自分にとって心地いいかどうか?」が判断の基準なのであくまで自分の感覚重視。

常に「他者目線」が入ってしまう「てんびん座」よりも、より本能的で自分本位。

2011年の震災直後におひつじ座入りした天王星が明らかにして来た「コレが自分」という衝動の様なエネルギーを実際的に具体的に着実に形にしていく、その為には他人がどう言おうと、どう思おうと関係なく自分のペースで進み続けること。

今の自分の感覚で言うと「好きなことしか出来ない」という我がままさが出て来ておりますが。。。。とはいえ、いまは「やぎ座」的なムードも強いので「社会性」や「社会的立場」もちょいと気になりがちで自分の「価値」を「社会的視点」で査定してみて、今ちょいちょい来てるオファーを受けるかどうか、冷静に見てる所です。

「好きなことしか出来ない」とはいえ

「好きなことが社会的にいま受け入れられるかどうか」

はまた別ものってことですね〜

どっちかと言うと慎重で悲観的な「やぎ座ムード」に加えて、相変わらず強い「うお座」の海王星と「いて座」木星のスクエアの影響で、自分から積極的に動くと言う感覚ではなかったのですが、いま「水星と金星」が「おひつじ座」に居るのも少しだけ積極的ムードが加速したかなッて感じ。

「安全と安心」はキープしつつ(おうし座だし)ちょっとジャブは入れてみようかと。

いろいろホロスコープをみて実験的にやってみてることで、思った以上に面白い結果を招いていることもあって「ホロスコープリーディング」もそのうち何らかの形でやりたいなという気持ちも再燃してきました。

とりあえず占星術的実験結果が「何らかの形」になることになる、5月12日のイベントがどうなるか。。。これがある意味で今後の指標になる気がします。

今度の「おうし座新月」は「11ハウス」に「太陽/月/天王星/水星/金星」と5天体集まってて「11ハウス」的な「仲間/自由/フリーランス/夢/希望/ネットワーク」などなどが「新月キーワード」になりますが「型や枠組みを超える11ハウス」とはいえ「おうし座」だけに実感を持てない抽象的な所では起こることではないなと思います。

向かっている先がたとえ抽象的でも「あいまいさ」や「イメージ」だけでなく何かしら自分でちゃんと掴める程度の先にあるもの。

言葉よりも現実的モノや行動に注目して行きたいです〜♫