読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

蠍座2度サビアンシンボル:A DELICATE BOTTLE OF PERFUME LIES BROKEN, RELEASING ITS FRAGRANCE(家族旅行)

今日も終わりに近づき、

何とか当日中に「今日の太陽サビアン」

を書いてしまいたく、家族旅行中の

ホテルのロビーで1人ブログ書いてます。

「割れた繊細な香水のボトルが

香りを振りまいている」というシンボル。

 

この振りまいている香りは「郷愁」

の香りのようです。。。

1度で様々な背景の人々と

「感動体験」を親密に共有して、

新たな「旅」への思いを共にした。。

そんな新しく、素晴らしい実感の後の、

反動が「過去へのノルスタジア」

 

両親との温泉旅行に、

なんてタイムリーな「サビアンシンボル」

そう。。。いま大変なことに

色々なってる両親と、

自分の子供時代の話から、

この春くらいからの振り返り、

そして「未来」の話をするという、

「家族」「居場所」「大切なこと」

について、考える時でした。

 

f:id:kana-tarot:20161024214612j:plain

 

新しい時代になっていく時、

古いものは置いていかねばならない

 

新しい自分に変わるとき、

そぐわないものにサヨナラしなければならない

 

しばし愛情と懐かしさを含む

残り香に記憶をたぐり寄せたとしても

それは迫り来る新しい生活と気持ち

のためには犠牲にしていくもの。。。

 

たとえ、新しく入っていく生活が

より雄大な経験を約束してくれていても

古きよきものに対する、感情は痛烈に

わたしたちを刺激してくるのです〜

 

古い関係はここで置き去りにされますが、

恐らく、しばしの間は強く想いを

刺激するかもしれません。。。

 

とはいえ、うちの母はモノには

執着するくせに(バブルの頃の洋服やっと捨てた)

「感情」には割りとサッパリと

サ・ヨ・ウ・ナ・ラ出来る人なので、

その辺はいつまでも「ウジウジ」してる

わたしと大違い〜(*´∀`*)

 

ってことで、突然言い出したのが、

 

「アンタがやってるから、

何も言わないけど、占いで未来が

分かったら、決められたら本当、世話ないわ〜

人生そんな簡単に行かないわよね」

「占い師なんて、人のこと気にしない

くらいじゃないと、出来ないでしょ〜

あんた優しいし、人に思い入れしすぎるし、

向いてないわよ」

 

なんてタイムリーな。

っていうか私が「エンパス」なの

わかってるんだよなあ。。。母親ってば。

 

「そろそろ、占い館卒業かな〜

でも、ちょっと惜しいかなあ」

 

と思っていた上に、母親がまた

やめたら何やるの?って聞くと思うと、

言いずらかったのに母から言い出すとは〜(・o・)

 

ってことで「うん、年末前に辞める」

とサックリ言い出すことが出来た!

「突然の過去との決別」が起きた!

 

当然来た「次は何して稼ぐの?」

という質問には

私:「翻訳やります」

母:「ホント気が多いなあ」

と、マニュアル返しで抜けました。(・_・;)

 

実は宇宙には

「次やること示してください」

と、お願いをしてるんです。


生きがいであり、冒険でもあるのは

武道だと心を新たにしてますが、

「稼ぐ」部分のことです。

 

辞めるか、辞めないかで、

郷愁的な気持ちになり、昨日の「決意」が

揺らぎそうな気分になったところ、

母の一言で、しっかりと「決別」

出来そうな気がしてまいりました。

 

「占い館」に導かれたのも運命なら、

「もうそぐわない」感覚も

近頃の星の動きに刺激を受けた、

新しい自分の「いまの素直な気持ち」

 

ちょうど怪我で稽古出来ない時期に、

ガンガン稼ぐことが出来たので、

新しいチャレンジへの「資金」も

たまったと言うことで、

 

もうこれは「GOGO」サインかも

しれません(母という現実関門突破ww) 

 

この一年弱の間、本当に色んな方と

巡り合わせで、貴重な経験を頂いた

ことに思いを馳せながら。。。