人生リセット読本(LIFE RESET MANUAL)

人生順風もあれば逆風もあり☆ホロスコープを羅針盤に航海はつづく!

2019.6.17【射手座満月】:ストロベリームーンな射手座満月は2015年〜2017年のにチャレンジしたことのご褒美タイム♡

昨日もそうでしたが、16日の日曜日も梅雨だというのに綺麗に晴れて、素晴らしい満月が見られましたよね!わたしは乱視矯正してないメガネで薄ボンヤリとしかみられませんでしたが、周りのカメラ好きさん達がくっきりとした映像を送ってくれました♫

この満月は「射手座木星」期の大体真ん中らへんで、かつホロスコープ的にも「木星」が強調されていたので、なんとなくハッピーな気分になる満月でしたが。。。。

この機会に、2015年9月19日〜2017年12月20日の「射手座土星」期の振り返りをしておくと、次に「木星」が「やぎ座」に入る来年以降、大きな達成へ至る「道筋」がクリアになるかもしれません。

「試練と忍耐」の星である「土星」が「射手座」に居た頃に「無謀に」「まっすぐに」チャレンジした「未踏」のエリアで、もし失敗していたとしても「やぎ座」に「土星」がはいって、慎重になってダウンサイズしたり諦めた事も、地道にたゆまぬ努力を続けていたら、ご褒美の星である「木星」が幸運をもたらしてくれるかもしれません。

私にとって「射手座土星期」は人生最低最悪の泥の中を這い回った2年強でしたので「まじ、星すげー!(爆)」というしかないのですが。。。まあ失敗は成功の母と言ってですね〜諦めなかったら宇宙は結構優しいです。

不思議なことに「射手座土星期」に住んでいたシェアハウスのメンバー(複数)からや、その頃に一緒に「外国人向けサイト」を作ろうっていってた子から連絡あったり、否応無く「射手座土星期」の振り返りをすることになった位でしたが。。。。

実際じゃあ「いいこと」は、あったのか?と言いますと。。。あったんですよね!!「射手座木星期」にはいってから「シンガポール」に行くことが出来ましたし7月も「韓国」に行くことが決まりました〜どちらもチケット代オンリー!

あとはこの時期に12年前を振り返るのも良いですね!

前回同じ位置で「射手座木星期」だったのは2006年〜2007年でした。

わたしの場合、カナダでウェイトレス等をして徐々に上がって来ていた「英語力」を活かして、日本で一時帰国した際に「翻訳会社」で契約社員になることが出来たことがキッカケで、更にアカデミックレベル(英語力だけでなく専門分野を目指す)に磨くべく看護大学入学を目指して英語試験の勉強に打ち込んでいたときでした。

まあ、12年前のこの時期に蒔いた種がようやく身を結んだ。。。

おかげで、無謀チャレンジをして地に落ちた時期ですら、何とかご飯を食べられた訳でして。。。。失敗の種も成功の種も、どちらもちゃんとあるのが「ホロスコープ

だからこそ「ホロスコープ」を学ぶことで「失敗の種」にはエネルギーを注がずに「成功の種」だけに注力することができるようになり、ちゃんと「成功の木」になって「成功の果実」を味わえる訳でございます。

以前にも書きました様に「射手座」の「キーワード」の中に「外国語」「海外」「高等教育」が含まれるのですが、この12年間はわたしにとって、まさにこのエリアに集中して来た時期だったのでした。

逆に12年後の自分が、今の自分に感謝出来るくらい、今まさに「次の種」に光をあててあげないとなあ〜と思っております♫

旅行が相次いでいたりとかするので「海外」は未だにやっぱり「キーワード」に入っているみたいですね!

あとは最近「占星学」にそんなに興味を示してくれてなかった友達などが「ホロスコープ見て欲しいな」と言って来たりしてるので、もしかすると「占星学」も「種」の一つかもしれません。

ちなみに「武道」も「射手座」に関係ございまして〜やっぱり「合気道」なのね〜と最近しみじみ思ってたりします。