人生リセット読本(LIFE RESET MANUAL)

人生順風もあれば逆風もあり☆ホロスコープを羅針盤に航海はつづく!

2019.2.20【おとめ座スーパームーン満月】徹底的に現実分析かつ整理することでカオスが調和になる?

あっという間に2月も終わりですよねー!数日短いだけでもなんともせわしなく。月初に休みが数日続いた以外月末まで毎日出勤というスケジュールだからかもですがw今日も患者さんに「昨日も夜勤だったのに今日昼までいたじゃないですか?!」って言われちゃいました。素晴らしい観察力wおとめ座っぽい!

という無理やりの持ってき方ですが、なぜか1日だけ休みが20日おとめ座満月の日。なんとなく「息抜きしていーよ」な宇宙の計らいか?なーんて。おとめ座といえば6ハウス。実務や労働のハウスであると共に、健康や癒しも司るおとめ座。忙しくしつつも健康管理もバッチリで常に安定した実務力を誇る感じです。

おとめ座の支配星は「水星」なので「知識や知性、思考力」を意味しますが「風の星座」である「ふたご座」の方がより抽象的なコミュニケーションや情報、言葉などを意味する「水星」で「現実性や具体性」を重視する「おとめ座」は水星でも物流や手仕事なんかの「モノを作り出す」方に手腕を発揮するかもしれません。

特に今回のおとめ座新月は度数1度という「おとめ座」すぎる度数(初期は非常にサインの特徴をはっきりと出すので)「男の頭」というこの度数はまさに体の感覚の中でも「視覚→思考力」のパワフルな表現です。

例えばわたしが今ハマっているマニア?の間では人気の(数少ない)着物マンガ。

こちらのお話のコーデを組んだ方は着物SNS界隈で有名な方なのですが、マンガの方を先に読んだ時に正直さっぱり映像が浮かびませんでした。着物にハマって色々情報を仕入れ、様々な小物も目にしてきたわたしでも、そう思ったくらいだから「着物に興味ない一般人」にはこのマンガ受けないだろうなあと。。。以前合気道好きの中でも「まぼろし」と言われたマンガのように打ち切られるのではと心配ですw (ニッチだもんね)

f:id:kana-tarot:20190217213519p:image

試しにページ貼ってみましたが。。。それぞれのコーデのポイント。。。言葉から実際の着姿目に浮かびます?

わたしは「色の名前」ですら⁉️ってー感じでした。

実際のコーディネイトは、こんな感じ。

https://kuragebunch.com/info/entry/2019/01/25/161823

あ、これなら一発でイメージつかめますね!

人間は視覚からの情報の比重が大きいので、言葉に起こさなくても一目で大量の情報を共有することができます。だからYouTube とかインスタが流行るんだと思います。

とはいえ「見ただけでわかった気」になるのも落とし穴。。。。人が着目するのはそれぞれ違うポイントですから、皆が同じ情報を得ているとも限りません。まあ、見てるようで「見てない」んですよね、同じもの。

そういう意味では、実際のコーデの画像を見た上で、マンガ上の記述を読むと、このコーデを考えた方のコーデを考えた際の「思考のロジックポイント」がはっきりわかりますね。

「共感」を得意とする「水の星座」の魚座なら「あーなんか可愛い感じーわたしも真似しよー」ってなアバウトな感覚で似たようなコーデを自ら組めそうですが「おとめ座」的なやり方なら脳内でコーデの「オシャレポイント」を箇条書きにして整理分類するのかもしれません。

共感を駆使するなら「キュートでポップ、可愛いパン屋にもあう洋風ミックスコーデ」を組むお題をイメージさせる感じの色とか素材とか柄を自分の「気分」というフィルターを通して選び、実際的な感覚を活かすなら「キュートでポップ→古典和柄より抽象柄」で「洋風素材→ウールの着物にブーツ」とはっきり具体的な根拠をベースに組むことでしょう。まあ、結果同じ形には行き着くのですが行き方が違うというか。

だから人に説明したり、指示したりするのは時に難しく、分かり合えたと思ったらすれ違う。

つまり今回の新月の太陽が位置する「うお座1度」の「公共の市場」という表現のように、世界というのはごった返しのカオスなんです。ありとあらゆるものが存在し、全ての人にオープンな存在。その中で肉を買いに来た人は肉屋が目に入り、アンティーク着物を探してる人は肉屋は立ち寄らないかもなのです。

ショッピングもそうですが、人生も生活も全てのものを手に入れることはまず無理です。時間もお金も限られているし、大体お金が有り余るほどあって何でも手に入れられても、それを謳歌し実際に楽しむ時間は無限にあるわけででもないからです。

ものが溢れる中で自分にとって必要なものを探し出し、取捨選択し、厳選し、整理する。

それらを手に入れられる場所を聞き出す能力、効率よく手にいれるためにリストを作成し、回る順序を決める。

思っていたものが見つからなかった場合に、代替のモノで間に合わすなどの「柔軟性」も「機動力や変化」を表す「水星」らしい能力。そう「リスト」はあくまで「思考の整理」のためであり、より大切なのは「現状把握とそれによる軌道修正」をも可能にする余力を含めること。プランは予定であり決定ではないから。

それが衝動(牡羊座的)だろうがロングターンのゴール(山羊座的)だろうが必ず「目的や理由」が先にあって「意思決定→行動」するのが基本の「活動星座」にとって「なんとなくホールド」状態は気持ち悪いwんですが、それが柔軟性ってやつですか?

活動力ありすぎで、先走りすぎ、走ってるうちに初動の意図すら忘れて、尻切れトンボになるわたしとしては「日記」的なこのブログは自分の振り返りと思考整理のためにも重要。

特に発案から数週間経って音沙汰なかった「エチゾチック着物展」企画が動き出すことになったことで「手仕事」的な方向へ5月までは意識を向けるというサインが来た上に、来月はそんな企画にぴったりのエチゾチックな場所に旅行(短期旅行は水星ですねー)するということなので今年前半は占星術などに抽象的思考力を使うより、手仕事や目に見えるモノに五感を刺激されるという「おうし座天王星」を堪能するスタートなのかもしれません〜。