SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

二回目の、しし座新月(8月22日)直前!おうし座下弦の月〜自分の内面と膝つき合わせて、舞台裏ミーティング中♡

むっちゃ、久しぶりにブログ更新します。

 

最後の記事が7月1日ですよ。。。。

更新してなかったのは、7月9日のやぎ座満月「ワークショップin沖縄」のマジカルな体験が衝撃過ぎて、にわかに自分でも自分に起こったことが信じられなかったんで。 

 

ずっと自分の内面と向き合ってきた、深海魚みたいな2年弱の間に潰したブログもふくめて、ほそぼそとでも外界とつながるために声を綴ってきたのだけど、

その内面で考察してきたエネルギーが段々、外面化、現実化、具現化し始めて。。。

 

まあ、自分探しヲタク→リア充生活

 

に急浮上したので、息ができない深海魚状態でアップアップだったわけです。(笑)

 

 

f:id:kana-tarot:20170814211039j:plain

 

冒頭でいきなり「アップアップの深海魚」って言ってますが、そういえば前回の記事で言ったようにわたしの「宿命ポイント」のアンチバーテックスが「人魚」でした。

 

前回はちょっと「センチメンタル」な気持ちだったからカッコつけて書いてますね。

 

占星術」と、タロットやスピリチュアルなメッセージってのが、明確に違うところ。 星は「いまこう感じてるわたし」が、何にどう、影響受けてるか、生まれ持った性質をあらわす星の位置を確認することで「主観的な感覚」と「客観的データ」を照らし合わすことが出来るんですね。

セカオワ「RPG」:心が壊れたあの夜に「宿命」への扉が開いた。。。バーテックスとアンチバーテックス - SUN RISE MOON

 

しかし、その1ヶ月半後は「お笑いモード」で記事アップ出来るくらい楽しいです♫

チャップリンも言ってますが。

 

悲劇よりも喜劇の主人公のがいいです→人生の脚本カキカエ中。。。

 

不思議に2年弱の間は旧友からも遊びの誘いもかからず、音信不通だったのをいいことに仕事と自分のマニアック趣味以外の人間関係をミニマムにしていたのに7月8月は「同窓会オンパレード」

 

前回の「しし座新月」の前に

 

”今日から新入生です〜「獅子座:新月の誓い」人生の主役として脚本から演出まで創造してみよう!”

 

って、タイトルだけ付けて、

 

何も書かずに、下書きにほったらかしてたのも「しし座新月」にふさわしく、遊びに勤しんでいたから。。。自分でそういう具体的な筋書きは書いてないのに、勝手に「夏遊び」のお誘いが次々と。。。

 

つまり「新月の誓い」とか、ちゃんと箇条書きに書いてもいいですが、イメージングだけでも残りの筋書きは、それにそって宇宙が設定してくれたりするようです。

 

普段は節約生活&清貧なウチごもり人生のわたしにも「太陽」の支配する「しし座」にふさわしく、明るく、伸び伸びとしたゴージャス?なイベントが来るわけです。

 

あとは前回の新月の前日にスタートした「占星学」スクールが、スクールウォーズな感じでわたしには、きらめく青春ドラマの気分で。。。。

 

「このスクールこそわたしがここ数年ほど探すともなく、探してきた場所だ〜!」と

 

確信出来ました。(^O^)

 

2013年の夏に、突然「タロット」と「占い」に興味を持ち、それまでむしろ敬遠していたスピリチュアル世界にハマり始めても、あまりにも深くて広い「西洋占星学」に、まさか自分が舵を切ることになるとは、思いもよりませんでした。

 

占い館で働いてた時も他の先生は「四柱推命」「気学」「西洋占星術」などの「命術」と「易」「タロット」などの「卜術」に、手相や人相の「相術」を組み合わせ鑑定をするのに、かたくなに「タロット&ルノルマン」のみでセッションをしてたし。。。

 

「占い師なんてやーめた!」と、

 

看護師に戻ろうかと思ってた、年初はまさかその半年後に

 

西洋占星学研究所」なんてものに、入学するとは思いませんでした。

(しかも、ビンボー人には巨額の大金はらって。。。)

 

たぶん、やぎ座満月のワークショップ時に、ぶっつけ本番で6時間、資料も見ずに星の講義をした衝撃と楽しさと、爽快な気持ちが。。。

 

やみつきに。(笑)

 

おまけに、放ったらかしのブログ経由で「無料メールセッション」に申し込んでくださったかたと、久しぶりにセッションをして。。。

 

それも楽しかった(笑)

 

ってことで、2007年にやぎ座冥王星入りのエネルギーに押され、看護大学に進学した時の「高揚感」以上の止めどないヤル気で、i Pad Pro まで投資しちゃいました。。。。しし座の無駄使いエネルギー。。。にはしない!。。。はず!

 

占星学の講義って、ノート取ってもいいけど、たとえばホロスコープのチャートとか、今どき手書きではなくアプリだし、

 

かといって、パソコンだとノート取るのは早いけど、先生が白板に図とか書き始めるとお手上げだし。。。

 

ってことで、スクショも取れれば、PDFでテキストも事前読み込みでき、おまけに書き込みもできてしまう。。。。i Pad と Apple pencil がソリューションでした!

 

 

f:id:kana-tarot:20170814194832p:plain

 

 

たとえば、今日のホロスコープを、こんな感じで、友達に

 

「ねえ、このミスティックレクタングルが超キレイじゃない?!」

 

などと「星ヲタ」LINEを送りつけるのに、ピッタリです。(^m^;)

 

ってことで、

 

今回の「しし座新月(日食)直前ミーティング」は、2回めのしし座新月らしく

 

「自分のルーツや特技を思い出し、ほんとうにやりたいこと、自分が輝ける舞台の設定を、もっと具体的に、現実的に、長期的展望をもって描き出す」

 

という「動き出したら止まらないからこそ、慎重に一歩一歩進む」おうし座エネルギーをまとった「下弦の月(満月〜新月前の最終チェックポイント)」にふさわしく、

 

バランスよい10天体が相互に手を結び、話し合いの場についてるかのような配置でした。(^O^)

 

グリーンの4つの天体が作っている「長方形」が本来なら真逆の視点でバランスが取りにくい対向の天体同士をとりもつような「おとなりに座ってる」天体が仲良しなので、うまくお話し合いができて、グループの会話が活性化してる感じなんです。

 

いま自分の中で沸々とわいてきてるプランやイメージを実現するには、本来の気持ちに素直になること、自分の資質や現実性を悲観的でも楽観的でもなく、ただ「客観的」にみつめ、そして実行すること。

 

「こんなプラン、周りの人に話したら笑われるかな?」とか、思わずにオッケー!

 

残りの天体の位置はすべて「主役はあなた」と言っています。

前回の新月のタイトルのように。。。

 

”人生の主役として脚本から演出まで創造してみよう!”

 

まわりに居る少数の「仲間」たちとは盛り上がるでしょう。

 

一緒に舞台に立って演じる人たち以外の「世間」とか「知人」みたいな「観客」たちの反応を気にすることなく、自分の魅力や表現、創造性を出し切る脚本を考えるほうが良いんです。

 

今回の一番お気に入りのサビアンシンボルは、

「知識と生命に成長する微生物」という位置にある「かに座金星」です〜!

 

そう。。。対向にあるのは「やぎ座冥王星」の「イギリス国旗」で、規律正しく黙々と従うんですね。。。大志をいだき、日々是精進してミジンコは成長するのです。

 

「ワークショップデビュー(ぶっつけ本番)」だった時の冥王星は逆行前だったので「19度:大きな買い物袋を下げた5歳児」って度数で、かなり無謀だったり、大それた知性的な行動にでる。。。って度数でしたから、なんか似てますね。(*´ω`*)

 

あの「はじめてのおつかい」の感動を胸に。。。

アカデミックレベルの「占星学」の勉強に勤しみます!!(^O^)

 

あ、ちなみに原書の資料に、わからない単語を調べて書き込みしたりもできて、ホント「i Pad」便利です。。。。10年前のMac Book デビューの時も感動したけど!

 

ミジンコよ!大志をいだけ!

 

明日の巨匠は君だ!(by 堺マチャアキ