SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

他人軸に振り回されまくって、振り切ったら「中心」に戻ったよ♫

ども!牡牛座新月とともに、始まった、「東京仙人」生活が一週間過ぎ、他人様ノイズから物理的(シェアハウス→一人暮らし)にも、電波的にも(wi-fi環境をぷち断食中)シャットアウトした結果。。。

 

自分の5感を取り戻す生活を満喫中です。

 

人のタイミングを伺わずに、心ゆくまで風呂に浸かり、自分の食べたいものを、食べたいタイミングで、作りたいタイミングで創るキッチン生活を楽しみ、ベットと机しかない空間で、疲れた身体をマッサージするベットタイム。

 

本日のwi-fi環境は、新宿紀伊國屋の跡地にできた、「巨大ニトリ」に生活雑貨を自転車で買いに来たついでに「Caffice」にてお世話になっております。

 

「カフェオレ750円」で2時間ネット環境を漫喫中。

 

 f:id:kana-tarot:20170503155744j:plain

 

 

ここは、コーヒー美味しいし、スタッフ親切だし、wi-fi環境は抜群に良いし、おしゃれ空間でもあるし、新宿駅チカだし、オススメの「電波カフェ」でございます。

 

http://caffice.jp/

 

天井がなんか、ちょっとカッコイイ。ヽ(=´▽`=)ノ

 

3月3日から、占いの師匠のところに顔を出し始め、師匠の「メルマガで集客だ!」という、「つるの一声」で、無料メルマガサービス「まぐまぐ」にて、メルマガ25号まで書きました。。。そして師匠の「なんで読者増えないの?」の一言で、終了。

 

師匠としては「無料メルマガで集客できるか試してみたかった」らしいです。

 

つまり、ただの思いつきやん!笑

 

まあ「文章はいいよね」と、ホントか嘘か、言ってもらいましたが?

 

うーん。。。このパターンどっかで見たなあ。。。と思ったら、師匠に会う前に務めていた整形外科クリニックの院長の性格だ。。。

 

「やりたいことを、やりたいようにやる」という、性格で、思いついたら「今でしょ!」みたいな感じで、猪突猛進。

 

殆どの場合、その場の直感であって、長年のリサーチや下準備の結果ではないことが、後から判明(っていうか、長年のスタッフは知ってるけど)、周りの人が「思いつき」で発動したプランの辻褄を合わせていることには、本人は「気にしてない」という。。

 

まあ、気にしてないわけないかもしれないけど、同じようなことが繰り返されるところを見ると「気がついてない」のかもしれません。(・_・;)

 

誰しも人生には「同じようなこと」が繰り返されるパターンがあるのですが、わたしのばあい「もうこの人にはついていけません」と逃げ出すパターンです。

おそらく、それは「魚座木星」が第6ハウスに入っていて、自己犠牲的に盲目的に、ひたすら相手に尽くしちゃうので、燃え尽きちゃってってこと。

 

つまり「自己主張強め」「欲しい物を欲しい」と「目的意識」や「自我」がはっきりしてる人の「サポート」をするのが割と好きなので、そうなるのですが。笑

 

 

火星と木星が手を組む位置にあり、「脳波よりも速く、直観を口にする」力が下りています。この力は、瞬間的な直観によって、自分の個性を他人の影響から守ります。「この人と一緒にいたら自分ではいられなくなる」「この人と一緒にいれば自分らしくいられる」という気づきがある時期なのです。

【ヒューマンデザイン】牡牛座新月:宝の持ち腐れは✕ - NO PLAN NOTE 

 

いやあ。。。。笑

 

これ、バッチリあたってました。しかし牡牛座新月だけに、タイムラグがありましたね。。。牛だけに、新月エネルギーも咀嚼してたのかしら? 

 

けさ、師匠のメルマガに目を通してみたところ、

 

「学歴は実力がない人が安心するため、資格は才能のない人が安心するためにある」

 

と、師匠語録が炸裂してましたが。。。

すっごい違和感を感じました。笑

 

そんな紋切り型に一刀両断されても?

 

カナダと日本の看護師免許2つもってて、英語がネイティブ並みに話せるのに、無給で師匠のサロンの入り口のガラス床をモップで洗う仕事してるわたしのこと? 爆

 

って、ネタ元を勘ぐりましたが。

 

でも、全然気になりません〜(^O^)

 

だって、わたし自分の価値を知っております。

 

まさに「椎名林檎」の歌う「ありあまる富」の歌詞みたい。

 

「世界はただ妬むばかり」

「なぜなら、価値は命に従ってついてる」

 

「かれらが手にしてる富は買えるんだ」 

「ぼくらは数えないし、なくすこともない」

 

「きみって◯◯だよね」っていう、他人の評価?は本当に氷山の一角で。

わたしたちの価値はすべて、固有のたった一つしか無い「価値」

カテゴライズすることも、平均化することも、類型化することも、出来ないもの。

 

数値化したり、標準化したり、マニュアル化したりもできない。

 

これは看護師として「検査データ」で患者さんを見てた時も、占い師として「ホロスコープ」や「カード」を通してみてた時も、ずっと感じていた。

 

わたしたちの経験は「無意識」の次元では「共有」されてるデータであり、星の影響なんかはここに入ること。(だから占星術が当たる)

医療の世界なら見えないまでも降り注ぐ「放射能」の影響は全体に共有されてるかな?

 

でも、それに対する「反応」「体感」「実感」は、本当に個人個人違うしね。(^O^)

 

 

日本の病院って、患者さんを検査漬け、薬漬けにして回ってる「医療ビジネス」じゃん!と「天秤座オーバーロード」の理想主義的な「正義感」で、大学病院を辞職。

 

「もう日本で(まっとうに)看護師やんのムリ。。」と採血くらいしか「看護免許」的手技のない「治験施設」で、2年半もブラブラしながら「ネットで稼ぐ」とか「占い師」とか、全く「未知の世界」を探求して来た時期。

これがまた、ちょうど「射手座」の「土星」時期(2015年09月18日11時47分~2017年12月20日13時51分)で、ぴったんこ。。。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

うーむ。。。「理想主義」「冒険」「未知の探求」「個性の追求」という「射手座領域」らしい、反応でしたね。

 

でも「射手座領域」って、観念的であって、現実的でなく、実際的でない。

 

プロの占い師として、職業としてやってみて「これもビジネス」だよね。。って気がついて、職業変えたって結局「人間相手」のことは、おんなじだった。

 

「天秤座」の青臭い「理想主義」は、人間臭い「山羊座」の完璧主義に負けるかも。

 

そう、そろそろ「山羊座」の出番なのですね。

社会で目に見えるようにする粘り強さ。

 

理想の空間に意識や思考を自由に飛ばすのではなく、目の前の現実を切り崩し、積み上げる為の思考回路で「未知(ミチ)」ではなく「道(ミチ)」を造る領域。

 

「農業」的なこと「伝統」的なことも、そう。

これも、山羊座領域です。社会の骨子といいますか。。。地味だけど基盤になるもの。

 

「スピリチュアル」探求も、ちょっと飽きてきたなあ。。。と何故かふっと思ったのは、牡牛座新月で「城」をもち、やっぱり昔から好きなこと「料理」「マッサージ」「ストレッチ」なんかを、瞑想しながらやるのが、最高に新鮮で楽しい!

 

リバイバルですね。温故知新です!!!(^O^)

 

そう思ったら、こっちの人も同じように感じてらっしゃったみたい。。。

 

tenkataihei.xxxblog.jp

  

でも、脱スピリチュアルを始めた人、中庸で今ココを生きている人の反応は、こうした物質化現象ができるのであれば、目の前に起こっている現実世界も自分の意思によって自由に創造できると考え、モノだけに限らず、起こる現象、出来事、人生のストーリーそのものを物質化してクリエイトしようと考えます。

目にみえる世界と目にみえない世界の融合・統合。

それは数年前から加速的に始まっており、人々の意識もまた大きく変容が始まっています。

これまでスピリチュアルにまったく関心のなかった人が関心を持ち、またスピリチュアルに生きすぎていた人が逆に関心がなくなり、それぞれ目指す方向性は違っても、すべて中庸・統合へと意識は向かっていってます。

 

今回の水星逆行中(4月10日〜5月4日)は、父の退院の時に先生が書き込んでくれていた、膨大な量のカルテに感動し「ああ、こういう先生と仕事したい」と、無意識に感じたこと、山下ルミナさんの出版会や「木星土星のワーク」という、占星術のワークショップで自分の人生の振り返りをしたこと。。。

 

「自己の脳内データベース」の振り返り(水星逆行)だったんだ、と感じました。

 

そして、要らない「情報をデリート」して、本当に残したいもの、次に繋ぎたいもの、現実化出来るもの、だけに絞った。。。わたしじゃない誰かがやればいいことや、アイディアは、手放すことが出来ました。

引っ越ししたことで「もっていけない」モノは捨てたのと同じでしたね。

 

わたしは「ビジネス」には向かないんです。

 

師匠のところで「自分の苦手分野」の「集客」を学ぼうとしたことは不必要でした。

 

わたしの得意で、好きなことは「研究」そして「教育」です。(^O^)

養い、育てること、そしてそれをマトメて、もっと良くすること。

 

看護師として患者さん教育をしていても、「占い師」として一年話を聞き続けても、同じように感じましたが「人が変わる」ということは、時間もコミットもかかる、大変なことなんです。みんな「原因」や「自分の弱さ」を認めたくない。

 

むしろ「つらい症状」だけ、薬や手術でなんとかしてしまう方がウケる。

 

 

それは「健康という幻想」にしかすぎず、ごまかし続けて来た後のツケは、もはや「医療」では、どうすることも出来ません。見放された後はツライですよ。。。(T_T)

その幻想を追い続ける魔法の細胞みたいなのを研究している人たちも居ますけれどね。

 

そんな情報すら「パワー」を持つ人達が操作している。。内情を知るとわかります。

 

インターネットコンテンツを創るのは大好きなので、本当に広がったほうがいいと思う情報をまとめた、コンテンツ作りはコツコツとやっていこうと思います。

 

今回は、わたし自身も「自分の限界」「自分の弱さ」を認めました。(^O^)

 

一人で世界は変えられない。

だけど、同じような志の人たちと一緒に変えていきたい。

 

自分の内面の「恐れ」や「不安」を真っ向から見つめてみれば、今やってること、を何故やっているのかが見えてきます。

 

わたしは「日本に帰って、日本の統合医療を学びたい!!!」という、目的意識でやってきたのに、日本で看護師をやることを「あきらめ」てしまったから迷走してました。

 

でも「看護師」になったことそのものすら、疑うくらい「本音の本音」を見つめて、色々チャレンジした、この2,3年があったからこそ、今がある。

 

「これからが、これまでを決める」

 

職場近くのお寺さんの言葉。ヽ(=´▽`=)ノ

いつだって、今を見つめれば、何をすべきか「見えてくる」