読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

射手座28度サビアンシンボル: An old bridge over a beautiful stream(情報整理と取捨選択)

今日の太陽サビアンまとめて。^^; リアルが忙しくて、スピリチュアルどころか、ネット世界にも顔出せない、でもそれがもともとの「わたし」に戻っていくみちかも。。そう思った12月19日は「美しい渓流にかかる古い橋」というサビアンシンボルです。

12月17日は土曜日で実は「滝沢泰平」さんの率いる「やつは」主催の「あ うん塾」に参加しておりました。これは「あ うんユニット」という家庭用の「現代版肥溜め」システムなのですが、これが画期的な「複合発酵」という技術を利用している唯一の家庭用の糞尿処理システムになります。

 

tenkataihei.xxxblog.jp

 

ずっと前から「オフグリッド」生活を夢見て「おがくず」や「酵素」を使った「ぼっとん便所(笑)」のリサーチは国内外含めてやりましたが、これはもう全然レベルが違います!まだ開発されて3年ほどで、全国でも31ユニットしか導入例がないそうですが、北は北海道から南は与論島まで幅広いところで「複合発酵トイレシステム」は素晴らしい働きをしているそう。

 

f:id:kana-tarot:20161219235601j:plain

 

当日の体験の素晴らしさはもう、行ってよかったの一言。わたしが自宅を建てるときは間違いなく普通の下水道にはつなぎません。「あうんユニット」でバイオエナジー水を産生し、自宅の庭に撒いて自分の生命情報を読み取った自家菜園野菜を育てます。

がしかし。。。。そう、11月の11日に申し込んでいたこの体験会。。。未来予想図としては、完璧で、深く説得されましたし、宇宙のサインも「八ヶ岳」を再三送り込んできてるこの数年ですが、早急に動くプライオリティではない様子。

なぜそうか?それは、以前の記事で「ホスピタル業界から足を洗う覚悟」を決めさせたニュースが予想より速いスピードでリターンしてきたからです。。。柳田ファームでののんびりした空気感と、ナチュラリスト系スピリチュアルな人々(滝沢泰平さんのファンだけに)との交流を楽しんだ後の宇宙の「あんたが行くのはそっちじゃない」というサインは、あまりに衝撃で、目が覚めました。

ちなみに「ふたご座満月」前後の「情報収集したい」という衝動はほとんど、ことごとく宇宙から「それ違うから」というNGサインで返ってきました。天秤座だけに、どうも最後まで完全を期すために、いろいろ見て回りたいんですよね~決めたら早いし、迷わないし、ぶれませんが(笑) 天秤が真ん中でピタッととまるまでは、ぶれまくる。

本音は最初からわかっているけど、その揺れを楽しんでいるの、シーソーみたいに。

ちなみに17日のサビアンシンボルは「旗手」でした。これはある一定の思想やアイディアを尊敬し、守るために勇気を持って属するグループのために「旗」というシンボルを掲げて敵に攻撃される恐れも辞さずに「旗手」は我が身を犠牲にするのです。

10年以上、複合発酵を利用し、豚の糞尿処理を行い「複合発酵が世界の環境から、人類の健康、世界平和の糸口」という理念と信念のために「あうんユニット」を開発し、広げようとしている柳田会長はじめ、スタッフのみなさんを髣髴させました。

わたしは自身のサビアンシンボルに「旗」というキーワードを二つ持っているくらいですが。。。宇宙から「このグループじゃないよ」と言われました。ちなみに「やつは&滝沢さん」グループでもない様子。なぜなら、ハワイツアーに行こうと思ってたら、なんと、そこが合気道の合宿になったから。(笑)

そう12月18日は、その「グループ」の忘年会でございました。

この日のサビアンは「彫刻家」というシンボルです。彫刻家はイメージを現実にする人です。たとえば世界平和を語るんじゃない、理念として掲げるんじゃない、でも見た人が「ああ、これが平和なのね」と理解できる何かを現実的に「やる」人なんです。

「彫刻家」はヴィジョン、アイディアを創造する技術をもち、その実行のために、スキルを常に磨き続けるという、ところに「信念」をもってます。信念を掲げるんじゃなく、信念そのもの「理想は体現してなんぼ」なんですね~。

「世界平和」を武道の理念として、大先生が合気道を創られて、3代目道主のもとで、ささやかながら、自分の心と体を調和させるべく稽古に励む私たちは、さしずめ「平和を刻む彫刻家の見習いの下っ端のはしくれ」くらいでしょうか。。。

でも、老いも若きも、男も女も、日本人も外国人も、師範も生徒も関係なく、職業も、生い立ちも違う私たちがただただ、合気道の素晴らしさと楽しさをシェアできる。。。稽古中は相手の細胞とわたしの細胞が語り合ってるのを感じ、スピリチュアルかつ合気道的に言えば「気の交換」なのであり、そこには言葉や説明すらいらない。。。

ヨーロッパの友人が合気道を始めたきっかけは、大先生の本をよみ、その思想と哲学に感動したからだそう。一人の日本人が「ブルガリアでは”バモリヘイ知ってるか?”って、たばこ屋のおばちゃんにすら聞かれた」って話になり、なにかと思えば「植芝盛平」の変なアクセント!日本人でこの人が誰か知ってる人どれくらいいるのか。。キーボード一発変換できないくらいなのに~本当に素晴らしいものは国境を超えるのだ!

射手座28度の「古い橋」は二つの世界をつないでいる。。。それは昔から使われてきたもので、そして今も人々の役に立っている。大先生が「稽古は魂磨き」だとおっしゃった、日ごとにそれを実感、体感しているわたしは大先生が日本の失われた古武道を現代によみがえらせ、不変の価値を忘れないようにしてくれたことに深く感謝してます。

「古い橋」は簡素で、けっして華やかではないが、成熟していて、安定した確かさ、経験からくる安心感。。。そんなものの象徴です。

某クリニックで務めた時も、ピラティスより合気道の方が自然、かつ合理的に体幹を鍛えられるじゃん~特別な器具もいらないし♪とおもって、仕事辞めちゃったのですが、魂磨きにしても、心の平安にしても稽古行った方が全然有効でした。。。もちろん、稽古のしすぎで怪我をして、行けなかったことは不徳の致すところ。。。精神修行が足りませんでした。でもその間「占い」にはまった時間はもう昔のことのようです。。。。

結局「ふたご座満月」付近でいろいろと集めた情報とアイディアは、合気道と音響免疫療法以外は全部アウトになりました。もう、おとめ座の下限の月は明後日に迫っており、いて座期間もその日に終わります。個人の探索は終わりました。仲間との旅の始まりです。。。そして、その仲間はいま周りにいる人たちだから。。。。

「美しい渓流にかかる古い橋」

古い領域から新しい領域へ。。。

 

下弦の月は、一般的に断捨離に向いているといわれます。 新月に向けて、いらないものを処分していきましょう。 ”いらないもの”とは、物質的なものとは限りません。 過去の思い出や物事、古くなった観念などを含みます。

12月21日冬至「乙女座 下弦の月」の過ごし方~情報や身の回りの整理をしよう! - nature-angel’s diary

 

ブログはこのまま「橋」として残しますが、いらない概念は断舎利します。カテゴリ整理して、過去記事もいくつか削除、編集します。

 

乙女座は、占星術的には柔軟宮で地のサイン。 「 過去の物事を完了させる」と同時に「受け取ったことを”地”に根付かせる」性質があります。 乙女座のルーラー惑星も双子座と同じ水星ですが、双子座の好奇心からの情報の探究に対し、乙女座は細かくて分析的。 満月のころに集めた情報を細かいところまで見て読んで分析していきましょう。 そして、必要な情報を見極め、取捨選択。

12月21日冬至「乙女座 下弦の月」の過ごし方~情報や身の回りの整理をしよう! - nature-angel’s diary

 

おとめ座は「個人の完成」を意味します。天秤座以降の社会参加をテーマに他者と関わる、特にやぎ座では基盤を確立し、構造を作り上げる一員として働く、そのためには「自分は何者か」「社会にどうかかわっていきたいか」そこを今月末のやぎ座の新月までにはしっかりと決めたいので、おとめ座の下限の月、太陽のやぎ座への移動の明後日は、情報の整理と取捨選択にピッタリな感じですね。