読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

射手座11度サビアンシンボル:IN THE LEFT SECTION OF AN ARCHAIC TEMPLE, A LAMP BURNS IN A CONTAINER SHAPED LIKE A HUMAN BODY(鍋デートは恋愛感情が湧くらしい〜)

デイリーサビアン

 今日の太陽サビアンは

「古代の神殿の左側で人の形をしたランプの中で光が燃える」

という射手座10度のシンボルです。

「左側」というのは「無意識の領域」を表し、

「古代の神殿」というのは「古代からの知恵」を表す、

そんな中で「光が燃える」ように、新しい知恵、

閃きが瞬いております。。。それは肉体的な感覚。

 

知性と客観性に偏りすぎた、シュミレーション、

仮想現実空間、インターネット空間で時間を使いすぎた

わたしですが、久々にリア充ナイトを一発かましたら、

効果絶大で自分でも笑いました。(*´∀`*)

 

「鍋デートは恋愛が始まる」ってあって、

 

マジかーって思いました。

 

f:id:kana-tarot:20161202150453j:plain

 

「1つ鍋をつつく」って、物理的距離ちかいし

そして、取り分けるタイミングを見計らうとか、

お酒を差しつ差されつ。。とか「空気感」を感じる

所作が多いですよね。

 

一回「相席屋」なるものに行った時に

羽振り良さそうな男性お二人に素敵な小料理屋に

連れて行かれました〜お酒も美味しかったし、

料理も絶品でしたので。。「理性」は「イエス」と

言っていたけど。。。なんか緊張と違和感があって

食べた気がせず。肉体のメッセージは「ノー」でした。

 

あれは不思議だなあ。。。

 

わたしはモノは美味しく頂きたいので、

「おじさんに奢ってもらって焼肉いった−!」

とか喜んでいる女友達が信じられないです。。。

「つまんないなあーって思いながら話してるよー

でも肉は美味しいし♫」って言ってて、

その割り切り感が羨ましかったです。。。

 

この度数では「古代から続く知恵」「肉体感覚をベース」

というのがヒントですが「1つ鍋をつつく」という

のは恋愛感情だけでなく、家族でも親密感を感じたり、

同僚でもちょっと仲が深まる、不思議な空間です。

 

「古代の神殿の左側で人の形をしたランプの中で光が燃える」

 

11度から15度までは「無意識の働き」をフル稼働して、

恒久的な価値を見出そうという度数です。

 

キャンプファイアーなんて絶好の深い結び付き空間。

揺らめく炎は、人の深い感情も、揺れ動かします。

キャンドルディナーや、暖炉を見つめるシーンが、

ロマンチックな映画で、出てくるのはそういうこと。

 

あとは、やっぱりスポーツや武道なんかの、

肉体を触れ合う時間ですよね。(*^_^*)

匂いとか、って無意識に「好き嫌い」を判定する

材料になってますので。。。

 

「理性」や「常識」を捨てて、肉体的な感覚を

研ぎすませたほうが、自分に合う人が誰かわかるはず。

 

この度数は「精神世界」を一般的な知識に

結びつける段階です。高尚な知識?を、日常レベルに

落とし込むなら。。。恋の心理作戦を鍋デートで

使ってみては如何でしょうか? (*´∀`*)