SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

射手座10度サビアンシンボル:A THEATRICAL REPRESENTATION OF A GOLDEN-HAIRED GODDESS OF OPPORTUNITY(神様の意図が読めない面白さ)

昨日のサビアンシンボル、一日遅れです。

「金色の髪の幸運の女神が劇場的表現」という射手座10度のシンボル。

ちらっと朝に見た時「何書こうかなあ?」と考えあぐねたけど

さすが神様、ネタを降ってくれます。

 

結論から言っちゃうと、生まれて初めて、

「東京でイルミネーションを見ながらイブに男の人と出かける体験」

をすることになる模様です。。日本人男性と!(ここが驚きポイント)

20代で海外に出ちゃってるため、流れ的に恋人およびデートする人が

日本人で無くなって、早ウン年。。。。(^m^;)

 

年頃の頃には、自分の女子力やら魅力やらに自信がなかったのと

妙に精神的に老けた?ガキだった&浮かれ騒ぐ人達を冷めて見てて、

「クリスマスに人混みとかアホくさいし」とか考えて、

一度だけのクリスマスは彼氏と、自分の家で「ビーフシチュー」とか作って

地味デート〜それ以外は、彼氏二人共クリスマス前にお別れを言い出して

お年頃期に「クリスマスデート」とかしないで青春終わってました!

 

f:id:kana-tarot:20161202120346j:plain

 

その後はカナダに行っちゃって、向こうはクリスマスと言えば

「家族行事」つまり、日本の正月だから「恋人たちの日」でも

なんでもないし、そーゆー気分で街をそぞろ歩く風潮でないのです。

 

昨日ご飯食べに行った人に「クリスマス何してるんですか?」って

聞かれて、当たり前のように「道場行ってるけど?」って答えたら、

「どっか一緒に出かけましょうよ」と言われたので、

あまりにふつーの日本人女子っぽい展開は、何事なのか?!

とビビってしまいました。でも基本、何も考えてないので行くことに。

 

この人には最初にごはん誘われた時に、オコジョくんとのアレコレを

言ってしまってたので、ドン引きされてるだろーと思いきや。

意外と柔軟な人だな。

「もう7ヶ月経ってますよね−」ってサラッと言われたとき、

面白い人だと思いました。「人に興味津々」の天秤座女の血が騒ぐのです。

  

でも「生まれて初めてイルミネーションデート?」

って成長なのか?退化なのか?今更なのか?という気もしますが、

むしろ「何もそこまで」というくらい「物質的、資本主義的」な

活動を律して「武道修行」に明け暮れていた精神至上主義から

少しバランス感覚を取り戻した。。。という意味では成長なのか?

 

「人生を一つの劇のように見ている」というのは、よく判ります。

 

ひたすら自分の内面を見つめた2016年に「ある一章」は終わりを

告げ、2017年から、また新しく始まる気がしていて。

この12月は「出かける、人と会う、発見をする」創造的時間だと

思ってるから、いままでの私に「なかったこと」を歓迎ムードです。

 

「精神的成長=悟り概念」も「社会的成功・物質的成功」も

社会がわたしたちを「成長しなければならない」

そう思い込ませる、駆り立てる、エナジーなんですね。

射手座の「火」は永遠の「高み」へと登らせる、パワーです。

 

「金色の髪の幸運の女神が劇場的表現」

 

この度数の説明に「本当は本質的にはなにも変わっていないのに、

人生で成功したり成長したりしていると確信する」とあって、

笑ってしまったけど。本当ですよね。

20代の頃、避けていたことを今更ワクワクするってね。

 

でも所詮「人生は劇のようなもの」なんですよ。

 

物質に背を向けて、内的世界を探求するのも楽しいストーリーだし

喧騒の町並みに紛れて、群衆のノリに乗っちゃうのもまた良し。

 

「天秤座」ですから〜1つの傾向に偏ると、飽きるんだわ。

「独り・精神修行」を極めきったあとは本来の社交性を出して、

華やかに、軽やかに「新世界」を探しに行きたくなってます。

 

「神様の意図が読めない」って書いたのは、この人は実を言うと

職場の事情で失職して、先月東京から離れたんですが、

10日ほどしていきなり連絡が来て「縁あってまた東京戻ります」

って連絡がきたんですよ〜!(射手座新月の日だったな〜)

仕事無くした理由もドラマチックでしたが、復活早いし!!!

人づてで見つかったらしいです。そんなんありか?!

 

射手座のエネルギーは軽くて、機動力があるんで、それもありかな?