SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

射手座5度サビアンシンボル:AN OLD OWL SITS ALONE ON THE BRANCH OF A LARGE TREE(ゼロ磁場の衝撃)

今日の太陽サビアンは

「年とったふくろうが1羽で大木の枝にとまっている」というシンボル。

夜に目を覚ますフクロウは、人がまだ気がついてない事、

無意識的な面、闇夜の魔術的な面を熟知してる「知恵者」です。

 

ってことで、人に知られていない隠れた世界での特殊な衝撃体験を

暗示する今日の度数。。。当たりすぎて怖いんですけど!!

牡牛座のスーパームーンから、地球の波動が上がってると思う。。。

段々不思議なシンクロが起きやすくなってます。

 

ずっと、人生かけて探してきた「導き」へ通じる具体的な道が

示されたのですよ。自分の身体とこころと魂で、実感しました。

でも「人に知られていない密かな、魔術的体験」のとおり、行く前は

半信半疑、怪しい新興宗教の会合にでも行くような気分でした。

まだ「直傳靈氣」の講習会に行くときのほうが気楽だったくらい。

 

f:id:kana-tarot:20161126222533j:plain

 

見てください。。。縦の列の磁石は北を差すべき赤の

ラインが上下で反対向いてます。

ちなみに本来の北は画面の右側、横の列は本来の北を指していますね。

説明によれば、上手くスポットにハマれば横の列も、

お互いがそっぽを向く様な並びになるそうなのです。

 

これは、都心のオフィスビルの一室が「ゼロ磁場」になっている証拠です。

 

パワースポット巡りとかに興味が無いので、全くノーマーク

だったのですが、最近「ゼロ磁場」というキーワードに

妙に気が惹かれたんです。それが運命の出会いを引き寄せてくれたよう。

 

あまりに、興奮しすぎて、感動し過ぎると、説明したり、人に話すという

レベルを超えてしまいます。ものすごくオイシイものを口にした時に

言葉をなくすような、その喜びを言葉で表せられないような感じです。

 

でも、論より証拠とは、よく言ったもので「理屈」では説明できない

むしろ超常現象と言った方がいい、いくつかの「証拠」をみて、

「科学」が「超常現象」「精神世界」に達したのを体験した感動は

西洋医学という世界に絶望して、占いの世界に逃げた、わたしにとっては

正に2つの相反する世界の「ゼロ磁場」に立った気分でした。

 

いや「相反する」ように見えているのは「真理」ではなかったからで

表層のウソや誤魔化しを取っ払った、本当の「科学」は「神の世界」と

最初から、分離はしていない。。それが「真理」である気がします。

 

そして家に帰ってからルミナさんの新着記事の「射手座新月」に

ついての記述を読んでいて、わたしの「鏡の学び」の時期は

もしかしたら終わっていたのかもな〜と思いました。

今日の出会いは「次の地平」が見えてきた兆しの気がします。

 

ameblo.jp

 

29日いて座で迎える新月

新生地球のNEWグリッド開通日となります。

 

2013年より張られてきて花(創造性)グリッドが開通となります。

わたしたちの意識は

この花のグリッドを通じて地球上を駆け巡ります。

 

個と他者の学び(鏡の世界)に生きる人にとっては

このいて座の領域は遠い憧れの世界となるでしょう。

 

鏡の世界に滞在する人がいて座領域に滞在すると

グラウディングしないフラフラした生きかたや妄想的になります。

どこへいっていいのか

広い世界に放り投げられた心は

的を見つけることがで出来ずさまよいます。

 

そして、鏡の学びを終えた人にとっては

憧れの世界がすでに自分の領域となっていることを

知るでしょう。

 

そして、いて座の領域を最大に発揮するポイントは

「的」を絞ること。

 

 

そうだ、去年の12月頭の「射手座新月」のあとは、迷走っぷりが

更に加速して、あらぬ方向に暴走したのでした。(^m^;)

 

射手座の土星魚座海王星、かつ乙女座の木星もスクエアと

この9月まで、射手座の土星を頂点にいわゆるトライアングルでした。

「物事が理想(幻想)と現実の間で彷徨う」という逡巡しまくった時期

だったのが、牡牛座スーパームーンからエネルギーが切り替わったんです。

 

いまは「山羊座冥王星」を頂点の「天秤座木星」と「牡羊座天王星

が対向で向き合う、レッツゴーゴー「変容・協力・革命」の配置です。

仲間やパートナーと、ガンガン「前進」していけるエネルギーです。

「活動宮:天秤座」のわたしが、やっと動ける時が来たと感じてます。

 

帰ってきてから引いた「今日のオラクル」みて確信しました。

やはり弟子入りしたい「マスター」に出逢ったのだと。

(隠者のカード〜ルノルマンは「本」だしね。)

射手座では「弓矢」の飛んでいく先を決めないと行けないそう。

射手座のシンボルは賢人ケイロンで「医学」も象徴のひとつ。

今日は、やっと探し求めていた「治療」に出会えた気がします。

 

f:id:kana-tarot:20161126221659j:plain

 

射手座の1度から5度までは「戦闘的」な度数です。個を打ち立てるために

周りと戦う。。。それの最期の度数の「フクロウ博士」も、勿論巧緻を極める人

なんせ、相手は巨大勢力。。。敵に回すことを想像すると武者震いがします。

 

「年とったふくろうが1羽で大木の枝にとまっている」

 

この度数の人はポーカーフェースで何気なく作戦を練ってる、

裏工作能力が高い人だそうですが、蠍座の様な深い心理作戦というより、

機動力で裏をかく感じがします。さり気なく表の顔を出しておいて、

本当は別の計画が着々進んでいて、敵が気がついたときには先に到達してる

そんな感じでしょうか?(笑)

 

ってことで、最後の最後で「ネタ(ちょっと)ばらし」です。

今日出逢った「衝撃」は音を脊髄で聞くという、面白いシステムなんです。

マジで聞きながら泣きました。。。コンサートホールでクラッシックを

聞いた時の感動以上の、恍惚体験。。。快感で全身が蕩けました。。。

 

 

イケメン4人グループの神の声を脊髄で、体全身で受け止めるってのは〜♥♥♥

You Tube では、やっぱり再現しきれてませんが「Il Divo:イル ディーヴォ

の「アメージング グレース」と「ハレルヤ」を最期にドウゾ♫

 

 

最後の最後で「フクロウ博士」に突然「どのイケメンが良かった?」

って聞かれて、困りました。すいません。。イケメン興味なくって。

うろ覚えだったけど、一番左の人が「ケビン・ベーコン似」で

好きな顔だったかなーと思って言ったら「日本人はそいつ選ばないけどな」

「おまえ日本人か?」って笑われました〜えー!もう一人選んでた人も

いたのに〜!! ちなみに「日本人の女の子一番人気」は一番右の

すっとしたイケメンらしいです。