読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

ルノルマンカード意味:「花束」「大鎌」「ムチ」「鳥」(ギルデット・レヴェリー付属本)

ルノルマンカード 物質世界〜お買い物ログ

今日はギルデット・レヴェリー

の付属本、翻訳第3弾〜♫♫

「No.9 花束」

「No.10 大鎌」

「No.11 ムチ」

「No.12 鳥」

でーございます!

 

No.1〜4はこちらの記事デス。

 

lrt.hateblo.jp

 

No.5〜8はこちらの記事デス。

 

lrt.hateblo.jp

 

 

9. FLOWERS (花束)

(※伝統的には BOUQUET)

”美と幸せそうな顔をわたしはもたらす。わたしはあなたの心を暖かくするギフトである。わたしはあなたの回復であり幸福である。どんなカードがわたしの前にあっても、わたしはそれを常にポジティブに変化させる。”

 

f:id:kana-tarot:20161102113251j:plain

 

誰かから贈り物を貰うというのは

どういう感じでしょうか?

このカードは喜びと幸せの香りです。

やがてやってくる、感謝の現れなのです。

ビクトリア時代には「花」は

コミュニケーションの手段でした。

 

「花束」は恋人たちの暗号となり、

「愛」「情熱」「感謝」

を表す完璧な方法になったのです。

ビクトリア時代よりずっと前から

このカードの「チューリップ」

は特に珍重されていたことから、

この「花束」のカードの重要性を

表現しています。

 

「花束」が「No.1 ライダー」や

「No.27 手紙」と一緒なら

素晴らしい招待を表し

「No.20 庭」ならばパーティー

への招待かもしれません。

「No.19 塔」の場合あまり嬉しくない

病院への招待を意味するかも

しれませんが、 少なくとも

お見舞いの花束がやってきます。

 

10. SCYTHE(大鎌)

”太陽の下では、すべてのものに季節があり、すべての目的にタイミングがある”

 

”気をつけるが良いーわたしは突然でするどい。わたしは鋭くはっきりとしたヴィジョンで正確に切り裂く。わたしはアクシデントであり、深い切り傷、別離、時には決定されねばならない困難な決断だ。わたしはよい収穫あるいは危険をもたらす。わたしが刈っている近くのものをみるといい、もしかしたらあなたの給料かもしれない。”

 

f:id:kana-tarot:20161102115022j:plain

 

この道具は雑草を取り去り、

収穫時に小麦を集める

(伝統的には鋤も描かれている)

農具です。ルノルマン・カードの

意味では突然の怪我やショックを

表し、驚きと共にやってくるでしょう。

素早く、はっきりした「カット」です。


「大鎌」は鋭いため危険でもあります。

このカードの先端が指し示している

先に、特に「グラン・タブロー」

では注意する必要があります。

刃の先端の先にあるカードが

「大鎌」に影響をあたえ、

より極端か、穏やかに結果を

加減するのです。

 

例えば「No.2 クローバー」が

隣にあればショックはそれほど

厳しくはないでしょう。

まるでクローバー(幸運)を

刈り取るときに刃の切れ味が

鈍るかのようです。

 

「No.1 ライダー」などの

組み合わせでは特に、

このカードが「行動の時」

であることを示唆するでしょう。

 

11. BIERCH BROOM(ムチ)

(※伝統的には WHIP)

”興奮には気をつけよう。わたしは闘争や対立をもたらす。あなたはわたしを競争にみつけるだろう、何故ならわたしは繰り返しと一緒に働くから。議論や言い争いはわたしの専売特許だが、わたしはいつも悪者なわけではない。わたしはジムや、錆びついたベットの中にも、気まぐれでみつかるだろう。(約注:繰り返しの動きから、ジムでのエクササイズや、セックスを表すということ)”

 

f:id:kana-tarot:20161102124407j:plain

 

「ムチ」はルノルマン・カードの

中で最もトラブルをもたらす

カードの一つです。

タロットと違って、ルノルマンでは

「ポジティブ」「ネガティブ」カード

がはっきりしているのです。

 

「ムチ」が現れると、激昂が起こり

不和を作り出し、人は怒りやすくなります。

このカードは、トラブル、言い争い、

不調和、闘争、議論、全てのストレス

をもたらす出来事を表し、とりわけ

「鳥」のカードと共にあるとそうなります。

ルノルマン女史が生きた時代のフランス

では「ムチ」は罰するため、処分のため

刑罰として使われていました。

 

ポジティブな意味では、カードが

私たちに集中し、注意を集めること、

そして「準備万端」になることを

喚起しているということです。

 

12. BIRDS(鳥)

”電話、テキストメッセージ、あるいはデート、それがわたしのコミュニケーションである。わたしはミーティングやインタビューにも現れるし、交渉好きだ。わたしはあなたの兄弟、恋人、友達であるかもしれない。カップルがわたしの示唆するところだ。”

 

f:id:kana-tarot:20161102141305j:plain

 

このカードは早口のお喋りや

ゴシップ、あるいは一緒にある

カードによりますが、ポジティブな

情報が通り過ぎることの

シンボルかも知れません。

 

集まった声はひとつより大きく、

現代風でいうところの

クラウドソーシングなどの、

マスコミュニケーションなど

も表しています。

 

とりわけ「No.1 ライダー」など

と組み合わさると、ただ単に

あっという間に広がる、

幅広く行き渡る、告知を示します。

 

ドンドン大きくなるFacebook

Twitterなどのコミュニケーション

などのように、このカードは基本

「Tweet:つぶやく」なのです。

ただ「伝言ゲーム効果」の様に

特に「ムチ」と組み合わさった場合

そこには「誤解」の要素もあります。

 

「英語版」(ギルデット・レヴェリー)Gilded Reverie Lenormand

英語版の「ギルデット:レヴェリー」なら2000円以下で買えます♥