読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

天秤座29度サビアンシンボル:MANKIND'S VAST AND ENDURING EFFORT TO REACH FOR KNOWLEDGE TRANSFERABLE FROM GENERATION TO GENERATION(スピリチュアル時空感:「アバター」)

おススメ映画 デイリーサビアン リア充精神世界

今日の太陽サビアンは

天秤座29度の

世代から世代へと伝達可能な知識に

到達しようとする、人類の広大かつ不朽の努力」

という超長い!!タイトルのシンボルです(*´∀`*)

 

そりゃそうだわな。。。

今年の流行とか、

最近のトレンド。。。じゃなく、

世代を超えて受け継ぎたい知識

なんて、直ぐ手に入るわけじゃない、

しかも「個人」じゃない、

膨大な人数の人達が無我の境地で

努力し続けて、やっと到達する

(かもしれない)地平です〜

 

タイトル長くてもしょうがない!www

 

でも。。。わたし個人レベルでも

「変革」「新しい時代」

感じていますが、世界も変わろうとしてる。。。

それを予言(笑)するような

夢を観たんですよ〜今朝ね。

 

それこそ昨日(10月20日)に、

山羊座15度付近で佇む冥王星に、

動きの早い、火星ががっつり

コンジャンクションしたタイミング。

 

「再生」の「冥王星」に

「破壊・闘い」の「火星」が

重なるって、パワーありそう。

 

f:id:kana-tarot:20161021145938j:plain

 

最近「明晰夢」を見る時と、

夢を観た記憶すら無い夜と、

はっきり別れるようになって来て

昔から夢はフルカラーでリアル

だったんですが、近ごろは

風が吹き抜ける感覚とか、

衝撃とかまで感じるので、

それこそ「3Dシアター」並みの

エンターテイメントなんですが、

そんな状態で今朝観た夢は

 

「湖から巻き上がった竜巻が

湖畔の城を直撃する!した?!

と思ったら、その光景が掻き消えて

代わりに出現した西新宿の某タワーww」

 

という凄いスペクタクルでした。

 

きらめく水面が立ち上がり数秒で、

湖面を移動しながら、城に直撃する

まで、「ヤバイ城の中に人がいる」

という意識はあったものの「恐怖」はなく。

 

対岸の湖畔と入れ替わるように、

西新宿の歩道橋と道路が現れたのに驚き、

自分の回りを振り返ると、

そこは、新宿西口の雑踏でした。。。

 

不思議に思いながら「わたし」に誰も

気を止めない人混みを歩いて行くと、

ネズミのヒゲのようなものが顔面に

生えている男とすれ違い、

(しかし誰も気に留めないwww)

その人はわたしに気がついたのです。

 

その後「元の世界」から「現代東京」

に飛んできた人が他にもいたことを知り、

「アングラ劇場」でダンサーとして

「働いて&生活」している女性も

居ると知り(元の世界でも踊り子だった?)

皆が集まって生活している「部屋」

でようやく「自分の居場所」を

見つけた気がしたのです。(*´∀`*)

 

山羊座冥王星&火星」コンビは

今朝10時前に「蟹座の月」のオポジション

 

「蟹座」は居場所を求める気性が強く

「水」の性質。。。

「水」というのは「感情」をあらわします。

「湖面から巻き上がった竜巻」は

この「オポジション」パワーの象徴かも!

 

ちなみにこのお話。。。実は

途中で「元の世界」が「現代」に

重なっている、というシーンがありました。

でも「見えている&感じている」のは

わたしたちの「仲間」だけで、

道の雑踏の他の人には、

わたしたちにはクッキリと見える

元の世界の「雪をかぶった山脈」も

現代人の何倍かの身長の「元の世界の住人」

のことも、見えてないんです。。。(・_・;)

 

わたしたちの事は元の世界の住人は「見える」

みたいですけど、ホログラムみたいで、

交流することも、触ることもできない。。

「分離と闘争、破壊」の「元の世界」を

わたしたちは横目で見るだけで、

ココロの中で応援するしか無い。

 

そして「目に見えない世界」に気がつかない

「現代東京の世界」に属しつつ

同時に異空間と通じてる同志だけ。。が

真に交流することができるのです。(*´∀`*)

(でも「現代東京」の人とも話せます〜)

どうも「現代東京」は波動が元いた世界より

高いらしい(まあ殺し合いしてないし)

 

この設定「スピリチュアル映画」と

当時話題になった、2008年の

アバター」みたいだと思いました。

ネタバレですけど、映画の最期に「地球人」は

「惑星パンドラ」から立ち去っていく。

 

「彼らの世界」と「地球人」は交わらない。

部族と交流するためには「地球人」と

「彼ら」の身体を融合させ、

「地球人の魂」を乗せた「アバター」に

入るしか無い。。。

 

話が(急に)変わりますが、

占い館でデビューして、そろそろ1年。

様々な方をリーディングしてきましたが、

「カードのメッセージ」が

「くる人」「(あまり)こない人」が

居ることに気が付きました。

これは、お悩み、年齢、性別、全く

関係なく、ランダムのようです。

 

「くる人」のメッセージは凄く当たるようで

相手もめちゃくちゃ食いついてきます。

占い好きな人だろうと、占い初めて♥だろうと

ここは変わらず。。。(*´∀`*)

イメージがバンバンくるので楽しいです。

 

「こない人」は、わたしも何言っていいか

わかんないので。。。(^m^;)

なんか説教臭くなるか、一般論になるか、

酷い人だと、コッチが具合悪くなって

まったくカードと対話できなくなるので。。。

 

これは何たる現象なのか?!

ここを辞めるタイミングなのか?!

とグルグル考えていた時、

昨日もらった「石井ゆかり」さんからの

おみくじメッセージ「個性・特徴」が

ポイっと頭に浮かびました。

 

lrt.hateblo.jp

 

「占い」を誰かから学んだのでなく、

インスピーレーションで読んでたこと。

「カタワレ?!」みたいな人と出逢って、

もがく中で「自分との対話」として、

カードや星と関わってきたこと。

 

これがわたしの「個性・特徴」

なんだなあ〜ってこと。

 

そうすると「メッセージがくる人」

は「受け取る(準備)ができてる人」

であり、あんまりこない人は。。。

 

自分を取り巻く流れに乗るための

準備ができていない人。

 

「惑星パンドラ」に住めない人。

 

「占い」というものを「恋愛運絶好調!」

という「おみくじで大吉引くぞー!」

みたいな感覚で来てる人は、

「なんか違うメッセージキタ。。。」

(´・ω・`) って、感じるかも。。。

 

ってことで「占い館のプロ」と

しての道を極めたいなら、

ある意味また出直して、

カードの読み方を変えないと〜笑

でもこれも「前兆」で「流れ」だな〜

と今日「新たに来た」メッセージで

納得したのです〜(*^_^*)

 

久々に「アバター」見直したいな〜♥

この映画の中に出てくる「魂の木」って正に

すべての生命の記憶が詰まってる

スーパーコンピューターで。。。

まさに「世代を超えた叡智」

 

世代から世代へと伝達可能な知識に

到達しようとする、人類の広大かつ不朽の努力」

 

「魂の木」を敬い、伝承を守っている、

パンドラの部族達に対して、

それを「新しい価値観」として真摯に学び、

彼らの価値観と共に生きようとした”ジェイク”

 

「外から来た」からこそ、「惑星パンドラ」

を襲った未曾有の危機の際に、意外な視点で

「魂の木=スパコン」を「使う」ことを

思いついた、ジェイク。。。(*´∀`*)

これも「別の世界」が融合したからこそ

生まれる錬金術=キセキ」

 

魂の木の下、アバターと共に静かに横たわるジェイクは、エイワの力によってその意識をアバターの肉体に移される。ネイティリや大勢の同胞達に祝福される中、ジェイクの意識を宿したアバターは力強くその瞳を開いた。さながら「ナヴィは二度生まれる」という言葉をなぞるかのように、ジェイクはナヴィとして新たな生を受けたのだった。引用:Wikipedia(アバター) 

 


アバター (字幕版)