読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

「真実の愛」の探し方と「英語の話し方」は似てるかもしれないと思った

9月9日に「天秤座」に木星が入りました♥

ついに来たぜ、わたしのラッキーイヤーが!

ルンルン♫ と浮かれる一方で、

むしろ今までの集大成としての「結果」が

出るのだと思うと、身が引き締まります。(^m^;)

ちなみに、12年前のわたしはその時の私なりに

「ラッキーイヤー」でしたよ〜笑

天秤座が意味する「対人関係」「社会への関わり方」

がグッと変化し、グレードアップし、新しい地平を

開いてくれた時期でした。

 

f:id:kana-tarot:20160911115531j:plain

 

これって「天秤座」以外のヒトにも

当てはまるんです。

これからの1年で「結婚」「離婚」「契約」

「パートナーシップ」に変化が起きる人達が

たくさんいるのではないかと思われます。

 

そんな9月9日の夜だったからか、

不思議な夢を見た私。

ハリウッドスペクタクルのような、

フルカラー、音量、風を切るような感覚もありの夢。

あまりにリアルすぎて「映画の中の主人公すか?」

的だったのですが、その中でわたしは

「真実の愛」を求めて、いろんな❝姿❝になりながら、

しながら「魔女」を求めて旅をしてました。

 

「真実の愛を求める求道者が知恵者を探すクエスト」

みたいな感じでしょうか?


最期には、ようやく「魔女」に会うことが

出来た私ですが、そこで言われたのが

「あんたは”なりきり”過ぎてるだけだよ」

ってことでした。

??????何に?????

 

その後思ったのが「真実の愛を探すヒト」に

なりきって、「真実の愛」に生きてなかった。。。?

ってことなのかもって思いました。


ふと思いついたのが、

良くある「英語学習者」的なりきりですよ。

書店の本棚みても「絶対喋れるようになる」系の本が

ゴマンとあるじゃないですか? 

でも、なんでそんなにあるんだろう?

って不思議に思ったことないですか?

 

よく「なんで英語できるようになったのですが?」

って聞かれて「え、だって英語圏に住んでたから」

って答えると、ちょっと納得出来ない。。。って顔で

 

「でも向こうに住んでたってヒトでも喋れないまま

帰ってくる人いるじゃないですか?」

 

って言われることが多々あります。

たしかにそうなんですよね。。。

わたしも向こうの語学学校で

1年通っているってヒトの英語を聞いて、

1年でこれだけか?!ってむしろ(´・ω・`)がっかり

したことがあるから。。。

 

その時「1年で帰国する」予定だったから、

絶対に自分は「1年でペラペラ」になる

って決意しました。(決意が大事です〜!!!)

 

そしてやったことは「英語で生きる」でした。

 

1日の自分の思考、行動、言動、受ける情報全てにおいて

出来る限りで「英語」に切り替えていったんです。

 

結果ワーホリ前に420点(爆笑)だったTOEICが、

920点になりました。

ほぼ0点だったリスニングは

一年後には満点を取りました。(*´ω`*)

文法やら、読解力はあんまり上がってなくて

大学受験の時のレベルから変わらず。

ってことは「勉強」はあんまり

してなかったってことになりますね〜


でも「英語を喋れる=英語で生きる」

ことは問題なく出来るようになり、

普通に外国人の友達を作ることも出来ました。


これを「真実の愛」に置き換えたら???

 

どうやったら真実の愛を見つけられるか、

どうやったら真実の愛を手に入れられるか、

真実の愛の手に入れかた。。。。

 

を考えて、探して、理由つけてるヒトって

「英語学習者」と変わらないってことです。

「メソッドマニア」になっていて、

「この勉強法でこれだけ点数上がった」とか

「このやり方が1番スキルが上がるみたいです」みたいな。


英語なんてどんなヒトでも喋ってるんだから、

わたしたちだって、喋れるんです!!!

ヘレン・ケラーみたいに「障害」があるなら

苦労するだろうけど「語学」って別に特別でもなんでもない。

「英語圏」なら、子どもだって喋ってる。


それと同じで「真実の愛」だって

特別に選ばれたヒトのもの。。。じゃないです。

 

本来なら「知ってる」「わかる」「感じる」

もののはずなんですよね。

だって、宇宙の根源は愛だし。

みんな持ってるのだ〜愛を自分たちの中に。

 

もちろん「愛」に囲まれて生きてきたヒトは

それをアメリカ人が英語をしゃべるくらい自然に

周りに伝えることが出来るんでしょう。

そうじゃない環境に居た人は、後天的に習っていく

それだけの違いだと思います。


「英語」を習っていくことが

たのしかったように、

気持ちがワクワクして、軽くなって、

自分の「伝えたい気持ち」を英語で言えて、

「やりたいことが出来て」

「行きたいところに行ける」という「自由」を

手にして、空が飛べるような気分になったように。

 

生きていく過程で「愛」というものに触れて、

不安から開放されて、自由になって行く。。。

この経験は「あとから知ってく」からこその

楽しみなんじゃないかな?(*´ω`*)


英語を話せるようになる1番のコツは

英語で考えて、英語を話す人と、英語で会話すること

に尽きるんで。。。英語学習のメソッドを語ってるヒトの

話を聞いて、自分も出来そうな「気分」に

浸ることじゃないんです〜笑

 

愛を探してる人も、同じく探してる人と

「愛を探すのって大変だよね〜わかるわかるー」

って「共感」という名の「逃げ」に走らないで、

一瞬一瞬を愛に生きる、

思考のすべてを愛のフィルターに通す、

行動を愛に基づいて決める、

という日々を地道に送るしかないんだね〜

 

「自分で決めて」「没頭する」「継続する」

しかないんですよね。

きっと何事も。