読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUN RISE MOON

太陽(人生の目的)を走りぬけ!月(ありのまま)の自分を再発見、結び合わせて宇宙(ソラ)を生きる

自分を信じる力がみなぎる「Fight Song」:まだ立ち上がれる!

マヤ暦元年に、お友達がLINEで送ってくれた曲を聞いて、丸ノ内線のホームでダダ泣きした、かんなです。マジでね、どこの誰に認めてもらえなくてもね、あの日わたしは自分の中の恐れと対峙したから、この歌が響きました。燃え尽きて立ち上がれない!って人におすすめの「レイチェル・プラッテン」の「ファイトソング」です^^

 

f:id:kana-tarot:20160728164137j:plain

 

わたしは人と競争することに、興味がない子だったので、スポーツは馴染めなかったけど、その分「自分の限界に挑む」ことは興味があったんですね。逆に言うと自分が興味をなくしたら、どんなに頑張って成し遂げたモノでも途中で置いてきちゃう。

 体内の細胞は入れ替わってる

ちょうど2年ほど前に、正職員という立場を捨てて、非常勤やらフリーランスって立場をやってみることにして、ブログで稼げるかどうかとか試行錯誤するようになった理由は「稽古に好きなときに、できるだけ行きたい」でした。

そうして、仕事が無いときは稽古に行って「寝る」生活を、まるで仕事みたいに夢中でやってきて、気がついたら「欲」が出てきたんです。。「もっと強くなりたい」と。

おまけに「仕事もしないで稽古ばっかりやってていいの?」という不安を吹き飛ばすために、やけっぱちの様に道場に通う日々。気がついたら「楽しいからやる」という初心を忘れ、自分は何様だよ?みたいな思いあがりの反面、経済的不安定さからくる「恐れ」挙句に「甘え」から人に縋り付き、突き飛ばされて底辺まで落ちました。

体内の細胞が入れ替わるように、この世に変わらないものなんて無いから。過去に決めた方針が、今のわたしの状況にあってなかったら、潔く方向転換するべき。

 

「TRANSFORMATION」(変容)

あなたには強さが備わっています。この「変容」のカードは、勇気をもつこと、そして終わりの後には再生があることを知るようにと教えています。このカードは、新しい道へ進む前に、古い考えや信念を捨てる必要があることを告げるために表れています。

 

自分の身のうちでみなぎる力

何もかも全てを捧げて、稽古に打ち込んで来たのは「たった一言」がキッカケでした。それを言った人は何も考えてなかったかもしれないけれど、それはわたしの中に「自信」をもたらしてくれたから。それは「マッチ一本で大爆発!!」みたいな衝撃でした。それから、3年間わたしはそれを証明するために焦っていたのだと思います。

「自信」って自分を信じることで、別に誰に認めてもらわなくっても、自分が自分にオッケーを出せればそれでよかったんだ、と気がつくためにこの数年間があったようです。1番認めて欲しかった人に「シカト」され、始めて自分自身との対話をしたんです。

 

f:id:kana-tarot:20160728172636j:plain

 

「The Waiting Game」(根比べ)

このカードは、あなたが人生のある特定の分野で事を始動させるために一生懸命頑張ってきたことを示しています。今、あなたはその努力が実を結ぶのを待っているところです。数字の2は、まさに選択と決断を表します。過去には、決断や選択を恐れたことがあったかもしれませんが、今、あなたに恐れもなければ、古い心情にとらわれることもありません。最高のものを期待し、直感という無限の力に心を開きましょう。

 

ドロドロも不安も水に流れた!?

「Xデー」に道場復活を果たした時、自分の中の恐怖や不安が消えて行くのを感じました。それとともに「自分のペースでも、一生稽古する」という決意もみなぎってきました。そのために安定した生活基盤を作りたくて、転職も考えたんです。

「何のため」「誰のため」じゃなく「自分のため」に稽古し続けたい。。。

稽古をして、久しぶりに「自信、力、エネルギー」がみなぎることも実感しました。

その次の日、不思議な夢を見たんですね。とある家が荒くれ者に荒らされていく中、何とわたしは、その中のひとりを突き飛ばして殺しちゃったんです(・_・;)不思議に嫌な気分ではなかったのですが、その後「荒らされた家」に洪水が押し寄せて、全て洗い流して行ったんです。そうして、何もなくなりキラキラ輝く清々しい場所に、またみんなで新しい家を建てる。。。という夢でした。暴力→浄化オチ(笑)

 

第三チャクラのある丹田は、全てのエネルギーの源泉であると共に、恐れや心配、不安、嫉妬、怒りなどのネガティブな感情の生み出される場所でもあります。ストレスを抱えすぎると胃が痛くなるのは、第三チャクラのトラブルによるものです。引用:スピラボ

 

そうね。。。稽古行くのも丹田を鍛えに行ってるようなもんです。意外だったのは丹田に刻まれるのは、ポジティブな感情もネガティブな感情も両方だったんですね。丹田は感情だけでなく、霊的な情報を受け取る「内なる感覚」に関わる場所なのだそうです。

 

f:id:kana-tarot:20160728174144j:plain

 

「ファイトソング」を聴いて、まだ自分の中に「わたしはできる」って気持ちが蘇ってくるのを感じました。この「YES! I CAN!!」って感覚は「丹田:ソーラー・プレクサス・チャクラ」が正常な証だそうです。

ここが乱れていると「不安や恐れ」「慢性疲労」や「胃のトラブル」に悩まされ、自分の人生で成功を掴むことは難しくなってしまうようですね。

ここを正常化して、自他共に尊重し、自立、束縛されない自分を目指したいですね!

とりあえず「自分の為のファイトソング」を歌いながら再スタートします!(*´ω`*)