読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビコレ!

答えは自分の中にある〜人生という名の冒険をエンジョイ!

ルノルマン・カードの質問の立て方

ルノルマンカード

4月の7日にブログ開設してから、色々ありすぎて「本来のブログ運営指針」から、ずれてましたが、本題に戻りたいと思います。(*´ω`*) 

そもそも、私は普段「トート・タロット」で鑑定していますが、「ルノルマン・カード」の現実的なところ、具体的なところも大好きです♫ 最近、タロットのスプレッドに「ルノルマン・カード」を加えて見たりしてるので、クライアントさんに「この小さいカード何ですか?」って聞かれる事も多いです。

ちょっと、おもちゃみたいな見かけなので。(笑)

 

lrt.hateblo.jp

 

今は、「ルノルマン・カード」を、主にタロットと組み合わせて読む方法で使っているので、より的確な質問の立て方はずっと興味がありました。ということで、今日はいつもお世話になっている「Café Lenormand」のサイト記事をご紹介します。

 

www.cafelenormand.com

 

質問をどうやって聞くか?

ルノルマン・カードにどのように質問を投げかけるかは、

  • 出てくる答えそのもの
  • どのくらい、答えが解釈しやすくなるか

まで、「最終結果」に様々な形で影響をするそうです。

きちんと「正しい質問」を投げかけた場合、

  • カードがインスピレーションを返してくれている
  • カードからエネルギーを感じる

ことで、カードが何を言いたいのか、どう読めばいいのか伝えてくるそうです。

つまり「最初にどのくらいしっかりした質問ををするかによって、結果がより良くなるということ」なのです。

  • パワフルな質問はパワフルな洞察に満ちた、正確な答えを
  • 弱い質問は混乱した、解りにくい答えを

導いてしまうということです。

カードが自由に答えられる質問をする

  • イエス / ノー 的質問
  • ”いつ”などの、日付やタイミングを聞く質問

は「1つしか答えがない質問」であり、ルノルマン・カードはこういう質問にも十分に答えられる反面、「深みと詳細さ」に欠けるそうです。(そりゃそうだ)

  • この仕事に決まりますか?
  • 友だちに電話をしたほうがいいですか?
  • いつソウルメイトにであいますか?

的な、質問ですね〜(*^_^*)占い館では人気の「質問形式」ですけれどね。

とりあえず、簡単に答えを知りたいなら、そういう質問形式も良いけど、「ルノルマンカード」の本領発揮は「カードが自由に答えられる質問をする」ことだそうです。

  • HOW(どうしたら)
  • WHAT(なに)
  • WHY(なぜ)

例で言うと、

  • どうしたら、この仕事に決まりますか?
  • 友達に電話をしたら何が起こりますか?
  • なぜソウルメイトに会えないのでしょうか?

という風に、「質問の聞き方」を変えることで「自由な答えを導く質問」になります。

2.問題をハッキリと聞く

よく聞かれる質問の1つが、「次の交際関係」「ソウルメイト」についてです。

ルノルマンカードは「どんな見た目」か「どんな性格」かについて、答えることも出来るそうですが、”少し立ち止まって考えてみましょう”と、筆者は投げかけてきます。

”運命の彼の髪が茶色か、背が高いか、関係あるの?”

たしかに、それって本当に知りたいことじゃないかもしれない。(笑)

それよりも、もっと単刀直入で明確な、質問のほうが有益、だそうです。つまり。。。

  • 次の出会いの相手にどうやって気づく(見分ける)か?
  • その相手に出会うために、何をしたら状況が整うのか?
  • どうやったら、その相手が自分にとって「適した」相手と判るのか?
  • 何が障害になっていて、いまその相手と出会えないのか?
  • どうやったら、その「出会えない状況」を変えることが出来るのか?
  • 次の出会い(交際)について、知っておくべきことは何か?

こういった風な具体的な質問は、「家」「仕事」「投資」などについても、同じような感じで聞くことが出来るそうです。

3.質問はひとつだけじゃない

ルノルマンカードのリーディングでは、質問に更に質問を重ねていくそうです。

最初の質問の答えで、十分に色々な情報が得られても、もっと質問をすることは問題ありません。

ただし、質問ごとにまた、新たにスプレッドを展開していきます。

スプレッドは3枚でも5枚でもいいですし、フォローアップなら1枚でも十分だとか。

セクション2で、紹介した「質問リスト」を利用して、フォローアップ質問にするのもありですよ〜とのことです。

自分の方程式を組み立てましょう

「自由な解答」式の質問をする+質問の焦点をはっきり聞く+必要な答えがすべて出るまで、質問を続ける=”強力な質問の方程式”

を創りだしてみてください。

この方程式に従うとすぐに、答えと結果が導き出せる効果を感じること請け合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする